オシャレな室内用洗濯物干しを取り付けよう!エアフープの取り付け方。

雨が降ったときには洗濯物を室内干しにする他ありませんが、室内干しするにも、引っかける場所がない。

若しくはカーテンレールに引っ掛けていて、徐々にカーテンレールが歪んできてしまった。

そんな悩みを持っているのならば、好きな場所に室内物干しを自分で取り付けてみましょう!

スポンサーリンク

どうせ付けるならオシャレな室内物干しをつけよう!

室内物干しはホームセンターで探せば売っていますが、正直ダサい。イモい。

機能を満たしていても、室内物干しって年中目につく場所に設置すると思うので、せっかくならオシャレでカッコいい、スマートでクールな物干しにしたいなあ。
なんて思いながら探してみたらありました!

エネフープ。

ちょっと高い。しかしながら、長年目につく場所に取り付けるのであれば、多少は仕方ないでしょう。

見るたび「ダサいなあ」と思うのと「オサレやん」と思うのでは雲泥の差。

一本買って、そのまま引っ掛けることもできるし、2本買って、間に竿を通して使うことも出来ます。
我が家は一本だけ取り付けました。

取り付け手順

下地探し

ここが一番の難関。

ネジで天井に固定するんですが、天井は大概石膏ボードだと思いますが、石膏ボードにネジは効きません!

なので、下地がある場所にネジを打つ必要があります。

そこで登場するのが下地チェッカー。下地探しどこ太君。

どこ太君の先端には極細の針が仕込まれています。

下地がありそうな所へドスドスぶっ刺していきましょう。

石膏ボードだけの場所はスコッと貫通しますが、下地がある場所は針が止まります。

天井の下地は野縁(のぶち)という角材が30.3センチから45.0センチ間隔で並んでいるはずなので目安にして探してみて下さい。

ベースの取り付け

探しした下地にベースをネジで固定します。

カバーを着けたらおしまい

パチッとカバーをつけます。

これで施工は終了!

あとは長さが選べるアタッチメントが3種類同梱されているので、ループと繋いで引っ掛けてみましょう!

しっかり下地にネジが打てていれば四人家族の洗濯物もへっちゃら。

使用しないときは取り外して、ベースだけの状態に出来るのがナイスです。

 

下地探しが少し面倒ですが、ネジを2本打つだけで快適な室内干しが出来るようになるのでお試しあれ。