危険物甲種は独学で勉強するしかすべはない!合格の為の勉強時間は?乙四より甲種の方がモテます。


皆さんの憧れの存在『甲種危険物取扱責任者』。

危険物を両手に掲げ、「俺はすべての危険物が扱えるっ!」って全能感を感じることは、甲種危険物取扱者にしかできません。

危険物の乙種1~6類の資格の全てを一個の資格で網羅する甲種危険物取扱責任者は、乙種に比べると少々難易度は高めですが、持っていると鼻が高い資格です。

学習内容は暗記がほとんどなので、合格するには努力あるのみです。

スポンサーリンク

甲種危険物取扱責任者の受験資格は少し厳しい

試験が難しい上に受験資格まで厳しい甲種。
下記のどれかを満たすと受験資格が貰えます。

1.化学系の専攻で大学を卒業したこと(もしくは大学院)
2.大学で化学系の単位を15単位以上取得していること
3.乙種危険物を1or6、2or4、3、6の組み合わせで4種類取得していること
4.危険物取扱者として2年の実務経験があること。

僕は2番の化学系の15単位で受験できました。

完全に化学と名前が付かなくても、燃焼学、物資工学、材料力学なども含まれるので、それっぽいのがあれば試しに申請してみるといいかもしれません。
化学と認定される具体的な単位の一覧はこちらで確認できます。

受験案内|一般財団法人消防試験研究センター
国家資格である危険物取扱者試験と消防設備士試験の実施機関です。

大学の専攻、単位が使えないと乙種を4つ揃えてから甲種の受験のルートになるかと思いますが、同じ内容を2度学習する必要があり、なかなか過酷です。
ただ、ベースが出来ている状態からのスタートは有利ですね。

オススメの参考書

消防と危険物ではド定番の工藤本がオススメです。


この一冊だけで十分です。

工藤本の良いところは、難解な分野であっても参考書の読みやすさでストレスを感じにくいところ。

難解な物質名の語呂合わせなど、記憶に残すために色々と施策してくれています。
時折工藤博士が登場してワンポイントアドバイスをくれるたりするのですが、好みは分かれるかもしれません。

しかしながら、資格界のドンとも言える工藤さんの一冊は要点がまとまっており、最短で合格するためにはこの一冊のみを繰り返し学習すればまず間違いなく合格出来るであろう信頼感があります。

スポンサーリンク

必要な勉強時間

最低2ヵ月間は学習期間を確保しましょう。
高校以来10年以上化学に触れてなかった自分でも2ヵ月丸々で合格出来ました。

隙間時間で一日2~3時間程度を続けました。

甲種危険物取扱責任者試験の勉強方法

この試験は聞いたことのない物質名を山ほど覚えるという苦行のような試験です。

繰り返し読んで頭に刷り込むしかありません。

元東大主席の山口真由さんの著作、『7回読み勉強法』は知識を頭に定着させる為の方法が解説されています。事前にサラリと一読しておくと、勉強の進め方が明確になります。
今後の別資格においてもベースになる考え方です。

1日の始まりは復習から始める

一日の勉強の始まりは、昨日勉強したことの復習から始めましょう。

一度ベースを作っておけば、復習は昨日の三分の一程度の時間か、もっと少ない時間で終えることができると思います。

復習しても記憶への定着が不安な場合はそのページに付箋を貼っておきます。

次の日は付箋が貼ってあるページを復習し、その後に前日の内容を復習しましょう。

この方法で、不安な部分は7回に限らず何度も繰り返す事になり、記憶に定着していきます。
確実に脳ミソに定着したら付箋は剥がしましょう。

試験の直前は、最後に残った付箋のページを短期記憶にねじ込んで本番に挑みましょう!
スポンサーリンク

約2ヵ月学習した結果の得点は?

約2ヵ月で無事合格出来ましたが、ここまででご紹介した学習方法でどれぐらい得点できたのか。
ばばん!

甲種危険物取扱者に合格

cof

約80%の得点で合格です。

本音を言えば9割位得点して余裕感を出したかったのですが、それなりに範囲も広い試験なのでこれくらいで満足です。

純粋に工藤本一冊だけの学習の結果です。良本です。


スポンサーリンク

取得すると何が出来る?

·全ての種類の危険物の取扱いと立会いができます。

·施設の危険物保安監督者になることができます。

·現役の陸上自衛隊・航空自衛隊の自衛官は、指定された特技に限り技術陸曹・空曹(2等陸曹・空曹)の任用資格があります。

最後の自衛官の特典は、甲種のみに与えられた特典で、乙種をコンプリートしてもダメです。
僕は自衛官じゃないので関係ありませんわ。

実際のところは、ガソリンスタンドで役に立つ危険物乙種4類以外ってほぼ使わないので、乙4の方々にどや顔するのが最も有効な使い道かも。

アホな結論が出ました!

以上、『甲種危険物取扱責任者は独学で勉強するしかすべはない!乙四より甲種の方がモテます。』でした。

タイトルとURLをコピーしました