アトピーでも食べても良いお菓子とは?

アトピーを完治させよう!

アトピーを治す為には腸内環境の改善が必要。

これは揺るがない事実。

アトピーを改善する為に食事制限に勤しんでいる方もいらっしゃるかと思います。
アトピーの原因から改善する食事方法とは。玄米菜食&少食で治ったよ。

でもアトピーの症状がキッツい。
気が狂いそう。
腹へった。

そんな時には少し位お菓子に手を出してもいいんじゃないかと思います。
実際僕はチョイチョイ食ってました。

でも何でも食っていいわけじゃない。
ということで、アトピーを悪化させないようにしつつ楽しめるお菓子を紹介します。

ちなみに、紹介するのは僕が体に悪くなさそうという理由で食ってた食べ物ってだけで、根拠はなし。
アレルギーなどにはお気をつけ下さい。

スポンサーリンク

黒豆せんべい


健康お菓子の王道。
スーパーで150円前後で売っている。

原材料が、うるち米、黒豆、塩。

はっきりいって、ご飯と豆腐を食ってるのと変わらない位健康的。

しかもバカ旨い。黒豆せんべいはもっと世間から評価されるべき逸材だ。

名門


原材料は黒糖、小麦粉、卵。

体に良い黒糖を使用しつつ、サックリとした心地の良い食感と切れのある甘味を実現した芸術的なお菓子。
お茶受けに最高。

アーモンド


アーモンドは旨い。

豊富な不溶性食物繊維の塊。食物繊維に塩振って食ってるようなもんなのでスーパーヘルシー。
旨すぎて止まらないのが難点。

アーモンドを安く買うならコストコがオススメです。
異常な安さ。

アーモンドを買うならコストコブランドの「KIRKLAND」が圧倒的に安い!
コストコブレンドの「KIRKLAND 」以上に安いアーモンドは見たことがありません!アーモンドを常用するならコストコに行きましょう!

黒糖


混ぜ物のない純黒糖と呼ばれるものであれば、いくらでも食っていいらしい(石原結実医師談)。
でも本気で食いまくると気持ち悪くなる。
断食中のカロリー補給にも使えます。

黒糖は白砂糖と違ってミネラル豊富で体に良い。間違っても白砂糖が混ざってるものは買わないように。
白砂糖はアトピー悪化に直結します。

まとめ

自分が食事療法中に食べていたお菓子を挙げてみたが、挙げた以外でも原材料に問題がなければ食べてしまおう。

腸内環境の改善には食事の質も大事だけれども、それ以上に食べる量の方が大事。

たまにのお菓子は大きな問題じゃないが、絶対に食べ過ぎないように気を付けよう。

アトピーの原因から改善する食事方法とは。玄米菜食&少食で治ったよ。
食事の量でアトピーの症状は大きく変化します。スキンケアではアトピーは治らない。

以上、『アトピーでも食べても良いお菓子とは?』でした。

タイトルとURLをコピーしました