アトピーを治す為にやるべき6つのこと

こんばんは。イチカワブンタです。

僕はアトピーでした。ひどいアトピー。ほぼ寝たきり状態。外に出れば振り向かれるくらいの。

でも治しました。自力で。

アトピーというのは辛い病気です。

アトピーじゃない人が想像する10倍位辛い。痒いだけじゃない。精神的にやられる。集中力もなくなる。

でも、アトピーって原因がよく分からないですよね。病院に行っても医者は「お薬出しときます。様子を見ましょう。」で終わり。

「なるべく汗かかないように。コタツは汗かくから控えめに。」と医者に言われたときは「なにいっとんじゃこいつ。」って気持ちになりました。

はっきり言って医者も治しかたを分かってない。何故なら原因が皮膚じゃないから。皮膚科に行っても対症療法でステロイドを処方してくれる。

「アトピーは治らないから。」「アトピーは体質だから。」と言い放つ医者もいましたが、だったら体質を変えてやりましょう!

アトピービジネスって言われる位、原因不明のアトピーを治す為に、みんながすがる気持ちを利用してビジネスをやってる人は沢山いますが、僕のが治した方法はお金は全く掛かりません。

毎日野菜ジュースを手作りしてたんで、ジューサーは買ったかな。

ということで、アトピーを治す為にやること、知っとくべきことをまとめました。

アトピーを治したビフォアアフターの写真。食事療法で治すにはどれくらい時間がかかるのか。
アトピーは食事改善と断食で完治しました。 と文章だけで語っていても、説得力がないと思うので、僕がアトピーで苦しんでいた頃から、3年程の食事療法後に症状が出なくなった頃の、ビフォアアフターの写真を載せておきます。 食事療法は始めていた...
スポンサーリンク

まずは原因を知る!

まずは方針を立てましょう。

何が原因でアトピーが出てくるのかを知りましょう。

アトピーは皮膚炎ですが、皮膚に原因はほぼありません。何が原因で皮膚に炎症が起こるのかを理解しましょう。

アトピーの原因は腸です。腸をキレイにしない限りは治りません。

ざっくりいうと、アレルギーで炎症が起きているのは皮膚。アレルギーを引き起こすアレルギー物質を体に取り込んでいるのは腸です。(未消化のたんぱく質がアレルギーを引き起こすようです。)

加えて体の免疫細胞のほとんどが腸内で作られています。

健康でキレイな善玉菌だらけの腸にすることがアトピー改善に直結します。

アレルゲンを断ってもアトピーは完治しない。アトピーの原因は腸だから。
アトピーはアレルギー。 それくらいは誰でも知っている。 だからアレルゲンを断とうと掃除に勤しむ。ダニが良くない。ダニの死骸もアレルゲンらしい。掃除だ掃除。 でもね、掃除でアトピー良くなったなんて聞いたことありますか? ...

脱ステは無意味と知るべし。

僕はやりました。

人生が一変しましたね。悪い方向に。

全身からリンパ液が吹き出して、人前に出ることが出来なくなって、仕事も出来なくなりました。

その後色々と調べていくうちに、脱ステは全くの無意味と知りました。

アトピーを治す為にステロイドを塗り始めたはずなのに、ステロイドを塗るのをやめたら治る?

いま考えたら謎理論すぎて笑えますね。

脱ステなんかただ辛いだけ。食事を改善して腸がよくなれば自然と治るので、勝手にステロイドの量が減っていきます。

脱ステロイドは絶対にやらないで下さい。ステロイドはアトピー患者の生活を助ける天からの恵みと考えましょう。

アトピー患者が脱ステロイドする正しい方法。
いきなり結論ですが、脱ステはやるべきではありません! 脱ステはやらない事が正しい方法です。 ステロイドで必死に抑えていたアトピーは、ステロイドがなくなると爆発して生活が出来なくなる可能性もあります。 アトピーの皮膚の炎症は表面上だ...

食事はよく噛む!

腸を良くするための第一歩。

口は第一の消化器官だと考えて下さい。胃腸で消化しきれなかった食べ物は体内で異物と判断されます。異物はアレルギーを引き起こす原因になります。

唾液には消化酵素が含まれているので、口内でも消化が行われています。

一口30回なんて甘すぎます。一口100回は噛みましょう。

実際噛んだ回数なんて数えてられないんで、液体になるまで噛んだら飲み込みましょう。

食べる量を減らしてみよう!

これが一番重要。

食事を腹6分目の量まで減らしましょう。

アトピーの人は食事の量がやけに多い人が多い。これは僕がアトピーの人を観察してて思うことです。

僕もそうでした。ご飯を一合食ったあとにカラムーチョ一袋食ってたりしました。それが幸せだったのです。

消化能力を越えた食事は腸にダメージを与えます。それを毎度の食事で許容オーバーしていると、元々持っていた消化能力も落ちていく。負のスパイラルです。

体が出来上がった大人の体が如何に少ない食事で活動出来るか知りましょう。

3食おにぎり一個でも余裕で日常生活を送れますよ。むしろ体調は良くなると思います。

アトピーを治す食事とは。玄米菜食&少食で治ったよ。
こんばんは。イチカワブンタです。 15年ほど苦しんだアトピーは食事で治りました。 アトピーを食事で治す上で重要で肝に命じて欲しいのは、アトピーに効く、アトピーを劇的に治す食材なんてものは存在しないということです。 何言っと...
スポンサーリンク

食事内容を変える!

まず少食にシフトするのが最重要ですが、アトピーを治す上で食わない方がいいものが大きく3つあります。

肉。牛乳。白砂糖。

肉は消化時に活性酸素を多く出し、悪玉菌のエサになり悪玉菌を増やします。結果便が腐敗するので腸にダメージを与えます。

牛乳は、日本人の8割は乳糖不耐症といって、牛乳に含まれる乳糖が消化できず、下痢を引き起こします。動物性たんぱく質は血液を酸性に傾けるため、体内のカルシウムを消費して中和します。

牛乳を飲んでもカルシウム不足になるなんて恐ろしいですね。

ヨーグルト、チーズなどの加工食品は発酵の過程で乳糖を消費するので、乳糖は少なくなっているので特に問題ありません。が、ヨーグルトを常食している人の腸の状態は往々にして悪いと腸の権威のお医者さんが言ってました。

白砂糖に含まれるショ糖は悪玉菌の直接的なエサになります。白砂糖は酸性食品のため、弱アルカリ性が正常である人間の体に適合させるために体からミネラル分を引き出して中和しようとするため、ミネラル不足、カルシウム不足になります。

白砂糖はやめて黒砂糖を使うようにしましょう。

アトピーを治す食事とは。玄米菜食&少食で治ったよ。
こんばんは。イチカワブンタです。 15年ほど苦しんだアトピーは食事で治りました。 アトピーを食事で治す上で重要で肝に命じて欲しいのは、アトピーに効く、アトピーを劇的に治す食材なんてものは存在しないということです。 何言っと...

断食にチャレンジしてみる。

断食は効果抜群です。断食3日位した後の一発目のウンコは惚れ惚れするような一本クソがでます。

人間の身体は基本的には健康になろうとしているので、体の異物を外に出そうとします。しかし、消化活動が始まると排泄運動が止まってしまう。

排泄のパワーを最大限引き出すのが断食ということです。

ただ、断食は準備食→断食→回復食と、ちゃんと体の事を考えて実行しないと体調悪くする可能性もあるので、色々調べてからやりましょう。

急にやり過ぎないように。

断食をしていると、一時的にアトピーが悪化したり、頭痛が起きたりします。これは体内の悪いものが排泄するために動いているために腸内で吸収してしまっているのだとおもいます。悪いものが出たり、断食をやめると治まりますので心配入りません。ちょっと耐えましょう。全然反応が出ない時もあるし、酷い頭痛がするときもあります。

断食中に宿便のようなものがでるとアトピー部分の皮がベロベロに剥がれてツルツルの皮膚が出てきます。体の反応の早さに驚きます。

断食終わったらまた出てくるんですが、断食前より症状は軽くなってるかもしれないですよ。

ちなみに僕は最高21日間の断食をやりました。断食最終日にレストランのバイトの面接で、パスタを食わされて最悪の終わり方をしましたが。

アトピーを確実に治す生活サイクル。半日断食の薦め。
半日断食で無理なく体内の老廃物を排出しよう。 アトピーは食事方法で改善出来ます。

アトピーを治したら楽しい生活が待ってるから頑張ろう

僕は脱ステして廃人のような状態から始めたので、今の生活は夢のようです。

朝起きたらTシャツがリンパ液で黄色く染まり、体に貼り付いたTシャツを剥がすところから一日が始まる。布団は自分の皮膚だらけ。

辛かった。

アトピーが何やっても治らないと悩んでる人がこのブログを読んでくれたなら実践してみて欲しい。

でもこの方法、アトピー治った!って思えるまでに2年位掛かってます。

自分の欲望との戦いみたいなとこもあるんで。

無理しないでステロイド使いながら徐々に治していきましょう。

おしまい。

本当にアトピーに効果があるのは?効果があると言われる方法を色々試してみた。
こんばんは。イチカワブンタです。 世の中にはアトピーに効果があると言われてる方法が山ほどあります。アトピーを治す為に様々な方法を試した結果、実際どれくらい効果があったのかレポートしてみます。 少食🔘 アトピーの改善はこれが基本。 ...