トクラスのバスルームにリフォーム。STORYがバツグンに快適です。

買って良かったあれこれ

中古住宅を購入した時にお風呂をトクラスのSTORYに交換しました。

元々のお風呂が小さかったため、なんとか入りそうなバスルームをリフォーム業者が選定してくれたのですが、それがトクラスのSTORY。

トクラス story

トクラスホームページより引用

トクラスのバスルームは省スペースで設置できるように設計されているそうです。

スポンサーリンク

浴室にスピーカーが標準装備!

トクラスの浴室には浴室内スピーカーが標準装備で付いてきます!
トクラス 浴室のスピーカー
さすが元YAMAHA。

標準装備なので要らなくても外せません。

浴室の外にジャックの差込口を付けてくれるので、両方オスのスピーカーケーブルでスマートフォンと繋げます。


音は想像以上に良い!
早送りしたい時は一旦外に出ないとダメなのは辛いけれども仕方ない。

お風呂で好きな音楽が快適に聞ける環境が標準装備というのは、トクラスの浴室にして一番の利点かもしれません。

バスタブが人造大理石!

人造大理石のうつくし浴槽「スターク」。
名前がかっこいい。

トクラスでは独自の人造大理石をキッチン等にも使ってますが、経年劣化が少なく頑強。
トクラスのバスタブ スターク
一歳の息子達が毎日ガリガリかじってますが、傷つきません。

バスタブが宙に浮いたようなデザインも洒落乙です。
トクラスのバスタブ スターク

掃除しやすい

バスタブはモチロン、床は汚れを弾いてすぐに乾く「うつくし床」。
トクラス うつくし床
一年使ってますが、汚れや傷が付く様子はありません。
バスタブは毎日洗ってますが、床はほぼ水で流すだけ。

トクラスの床は汚れの溜まりやすい接合部を床面から立ち上げているので、汚れは溜まらないし掃除しやすい。
トクラスのお風呂は掃除しやすい
翌朝には靴下で入って行けるくらいにキレイで乾燥してます。

折戸の扉も、パッキンを使わない、汚れが溜まらずカビが発生しないように考えられたシンプルでキレイなデザイン。
トクラス お風呂の標準の扉

エアインシャワー

これはオプションでグレードアップしたのですが、約40%節水してくれるシャワーヘッド。
使い心地は違和感もないし、普通のシャワーヘッドより水当たりが快適。
TOTO エアインシャワー 節水
ヘッド自体はTOTO製でオプションです。

断熱オプションがオススメ

浴室をまるごと断熱材で囲えるオプションと、更にバスタブを包み込むオプションがあり、全部付けてみました。

トクラス 断熱

トクラスホームページより引用

バスタブの湯温の冷めは確実に遅い。
真冬以外は追い焚きはほとんど使いません。

部屋自体も、2番目に入ると全体がとても暖かい。

ただ残念なことに、バスルームに付いている窓が元々の中古住宅に付いていた断熱能力が超低性能のルーバー窓なので、結構なスピードで部屋が冷めます。

これは自分の認識不足が原因ですが、こんだけ断熱オプション付けてるんだから、リフォーム業者も窓交換の提案位してくれてもいいのに。と勝手に怒ってます。

真冬の1月、窓の内側で氷が張ってます。。。

お風呂のリフォーム検討中の方は、絶対に一緒に窓も変えましょう!

排水口の掃除が簡単清潔。カミトリ名人+

排水口の掃除は嫌なものですが、トクラスの排水口は水流を利用して中央に勝手にゴミがまとまってくれるので、ゴミ箱にポンッと捨てるだけです。
トクラス カミトリ名人
抗菌仕様なのでヌメらないのも素晴らしい。
一年使ってもこの清潔感。(妻が掃除してくれているのも大きいです)

まとめ

トクラスのバスタブ
家の中で唯一業者におまかせした部分ですが、バスルームが非常に高性能で気に入ってしまったため、僕はトクラス信者と化し、システムキッチンと洗面台もトクラスのものを購入してDIYで取り付けてしまいました。

システムキッチンをDIYで丸ごと交換する方法。自分で取り付けて70万円の節約に。
システムキッチンをDIYで取り付けてみたら70万円の節約に! 思ったよりも簡単なので、チャレンジしてみて下さい。
洗面台交換のDIYリフォーム。トクラスの洗面台『エポック』へ交換してみました。
トクラスの洗面台EPOCHをDIYで取り付ける施工手順を紹介。使用感は抜群に良いです!

お風呂の嫌な部分を細かく排除してくれていて、結構なお風呂嫌いの自分ですが、妻と息子達と共にとても快適なバスタイムが送れるようになったので、トクラスに替えて良かったです。

以上、トクラスのバスルームにリフォーム。STORYがバツグンに快適です。でした。

タイトルとURLをコピーしました