フリーターから就職を成功させて正社員になる具体的な方法!30過ぎで就職を成功させた経験者が語る。

芸人と就職

「そろそろ彼女と結婚したい。本気で就職しないとヤバいかも。」

「いつまでに就職すればいいのかな。実はもうヤバいのかな」

この記事をお読みの方の中には、そんなちょっとした不安を持ちながらフリーターや無職を続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

僕の場合は32歳で正社員として就職しましたが、30を越えて、周りの友人が家を買ったり、子供が生まれたりすると、自分の人生を思い
「これで良かったのか。このままでよいのか。」という不安に押し潰されそうになってました。

この記事では32歳でフリーターからホワイト企業の正社員になった僕が、フリーターから正社員になる正しい方法をご紹介したいと思います。

書類選考で落とされるなら、書類選考のないルートを探せばいいんです。
そして面接の第一印象で有利に立つ。あとは各々のポテンシャルと度胸次第です。

スポンサーリンク

就活の最大の難関の書類選考を避けるルートを考えよう

フリーターや無職の就職活動で最も壁が高いのは書類審査です。

経歴を紙だけで見られる書類審査では、フリーターや無職は圧倒的に不利になります。

ではどうしたら審査を通るのか。
その方法は簡単です。書類審査がない就職活動をすることです。

実際に僕が就職活動の中で書類審査に出した会社からは書類審査のみでお断りのお祈りのメールが来ただけでした。

そして、僕の就職が成功したのは、説明会という名で面談から始まる案件でした。

32歳フリーターがホワイト企業に就職した具体的方法。

書類審査で落とされるのはフリーターや無職を続けてきた以上は仕方がないことです。

新卒や第二新卒、転職組の履歴書と比べれば当然見劣りがします。

前職無しは、まずは人間性や才能の面で他の転職組と比べて能力が劣っていない事をアピールできる場に出ることが重要なのです。

就活を始めるべき年齢

この記事をご覧になっている方は どれぐらいの年齢でしょうか。

25歳でしょうか。30歳でしょうか。35歳でしょうか。

当然のことながら フリーターや無職からの就職は若ければ若いほど有利になります。

昨今は募集要項の中で『35歳以下』等の記載を規制する流れもありますが、結局のところは年齢が企業の募集内容に合わない中で就職活動をしても就職は成立しません。

フリーターや無職の方の一番の疑問は、『ではいったい何歳までに就職しなければいけないのだろうか』というところだかと思います。

その疑問には明確な答えはありません。

答えがあるとすれば、無職やフリーターから就職するための決意が早ければ早いほど良い条件の会社に就職することができるということです。

夢を持っている方もいらっしゃるかと思います。
僕も売れない芸人でした。

今も夢を追われている最中の方へは、夢を追い続けるための上限の年齢を決めておくことをお勧めします。

僕自身は32歳で就職活動を始め33歳で就職しましたが、実感としては32歳での就活というのは相当ギリギリで、ホワイト企業に就職できたのは奇跡と言っても過言ではないと思います。

僕が就職した会社はその後30歳以上の人間は採用しないという社内規定ができました。

あくまで僕の実感ですが 35歳を過ぎてしまうとフリーターや無職からの脱却は相当難しくなるということと。

現実的に言えば27歳から29歳の間には自分がやりたいことを一旦諦め、就職しながらその活動を続けられるような考え方を持つべきだと思います。

スポンサーリンク

就職活動の方法

僕は、たとえ無職やフリーターなどで履歴書に空白期間があったとしても、皆さんには真っ当なホワイト企業での正社員を目指してほしいと考えています。

そしてホワイト企業への就職を目指すのであれば、各転職斡旋会社の転職エージェントへの登録は必須です。

転職サイトの中には当然書類審査から始まるものもあれば、説明会から始まるものもあり、面談から始まるものもあります。(実際は殆ど書類審査から)

ホワイト企業 そして 転職エージェントにはそれぞれの会社でそれぞれに色があり強みも変わってきます。

例えば僕が内定をもらったDODAではホワイト企業案件は非常に多いです。
しかしながら書類審査から始まるものも多い。

DYM就職は少しマイナーかもしれませんが、特にフリーターや無職からの就職へ強みを持っており、長く就職していなかった方には最適の転職エージェントだと言えます。

そして、DYM就職の最大の強みは、書類審査無しで面接にすすめることです。
DYM転職には大手企業案件も数多く存在しています。

この2つの転職サイトへはどちらにも登録しておくことをオススメします。

dodaへの登録はこちらから
dodaでは、会員登録で終わりでなく、転職エージェントサービスにも登録する必要があります。
全体的なサポートや非公開求人の紹介、履歴書の書き方から面談の練習まで付き合ってくれます。
僕の担当者は凄く力になる応援をしてくれたので、今だに感謝です。

DYM転職への登録はこちら
フリーター、無職を就職させることを全面に押し出しているので心強い!
転職エージェントへ自分のひどい職歴を伝えるのも気負う必要がないのはいいですね。

無職やフリーターからの転職においては決断の遅れが一生取り返しのつかない結果につながることもあります。

だらだらとフリーター生活を続けているうちに どこからも雇ってもらえなくなり、アルバイトでは周りは若者の中一人だけおじさん。

想像するとキツくないですか?

フリーターを続けるのは 長くても30歳までにしておきましょう。

そして30歳迄に限らず、可能な限り早いうちに就職活動をすれば、より良い就職先に内定することができる確率は確実に上がって行きます。

面接をどう戦うか

第1ステップ 清潔感のある格好で面接に向かう

見た目というのは、第一印象の9割を占めると言われています。

外見で内面までも想像されてしまい、第一印象が決定付けられてしまうわけです。

であれば、徹底的にプラスの印象へ持っていきましょう!


✔️髪の毛はまとまっているか
✔️靴はボロくないか。磨いてあるか。
✔️ネクタイにシワがないか。
✔️ワイシャツにシワがないか。ワイシャツのサイズは合っているか。

靴がボロければ買いましょう。
せっかくなら、防水のビジネスシューズの方が快適でオススメです。この先ずっと使うものなので、良いものを買っておきましょう。
雨を寄せ付けない!!アシックスの完全防水ビジネスシューズ『RUNWALK』がおすすめ。雨が好きになりました。
ワイシャツのサイズが合ってないと一見でだらしない印象を与えてしまいます。

僕のオススメはオーダーワイシャツを頼んでしまうことです。
身体に完全にフィットしたシャツって、鏡で見ても自分で惚れ惚れして自信が持てるようになります。
ネットオーダーだとかなり安く仕上がりますよ。
ネットで安いオーダーワイシャツを注文してみた。
オーダースーツ・シャツをネットで注文|高品質・サイズ保証【Suit ya】

第2ステップ 明るく軽やかな挨拶で空気を変えよう

面接の一番最初の基準としては面接に来た人間が まともなのかどうか。

「発言が支離滅裂だったり、まともに発言が出来ない人間ではないか。」

フリーターや無職歴が長いと、余計に厳しい目で見られがちです。

「おはようございます!よろしくお願いします!」と明るく軽やかな挨拶で面接官に
「この子良さげかも」
と印象付けましょう。

見た目と同じく、一番最初の印象の良し悪しは面談中もずっと影響を与えてしまいます。

第3ステップ コミュニケーションのやり取りで印象付ける

面接の最終目標は
「この人となら一緒に働きたい」
と思わせること。

「この子は真面目だなあ」
では甘いのです。

真面目という印象付けでも採用してもらえる場合もあるでしょうが、面接という短時間の間に『初めて会った人』から『今後一緒に働いていきたい』という印象まで持っていければ、面接で落とされる可能性は格段に減らすことが出来ます。

そして、「この人となら一緒に働きたい」と思わせるためには、面接中に採用担当者と良質なコミュニケーションをとることが重要です。

それでは良質なコミュニケーションとは、一体なんなのか。

スポンサーリンク

採用担当者を笑顔にさせよう!

どんな人であっても、楽しい時間の方が好きに決まっています。

笑いというのは、人と人が打ち解けるきっかけになるのです。

お笑いのネタをやれとは言いませんが、面接での話の流れに沿って引き出せる小話を用意しておくと、楽しく円滑な面談にすることができるでしょう。

とはいえ、笑いを取ること自体が不得意な場合もあるかと思います。

そんな方は、とびっきりの笑顔で面接に挑みましょう。
緊張でこわばった無理のある笑顔ではなく、自然体の笑顔が出せるといいですね。

ペンシルベニア州立大学での研究では、笑顔でいると周りの人に好感を与え、親切に見えるだけではなく能力がある人に映るという研究結果もでました。見せかけかもしれませんが、笑顔でいるだけで能力を高く装えるのであれば儲けもんです。

具体的な就職への決意を語るべし!

面接をしている採用担当者からすれば、最も最悪な結末は採用した挙げ句の採用者のバックレです。

企業の採用活動とは大きなお金が発生します。

具体的に言うと、採用者の予定年収の約30%の金額が、dodaやリクルートなどの就職斡旋会社に支払われると言われています。
年収500万に人材であれば、採用に150万円の費用が発生しているということです。

そんな大金を使って、『仕事が合わなかった』などという理由で採用したそばから退職されてしまうと、費用面の損失に加えて、採用を決めた担当者自体の評価にも関わります。

「こいつを採用したら、辞める危険はないだろう」と思わせることも重要です。

具体的な例でいえば、僕の場合は結婚でした。

後々採用を決めてくれた役員の方と話をしたとき、「結婚するって理由での就職というのが決め手だったよ」と話してくれました。

他にも、親のためだとか、思い付きではない大きな理由をアピールすることは重要です。

スポンサーリンク

まとめ。就職する決意は早ければ早いほど今後の人生を有利になります。

僕が就職した32歳という年齢は、本当にギリギリでした。(実際の就業開始は33歳)

もっと早く就活すれば、社会人経験としても、金銭的(今だに全然貯金がない)にももっと有利だったなあ。とたまに後悔することがあります。

32歳の就職でも親は相当喜んでくれましたが、もっと早く安心させてあげれば良かった。

上記の面接の重視すべきポイントは、僕の成功体験による主観も含まれています。

まずは優良な転職サービスに登録し、転職エージェントと話をすれば、就職のプロとしてのもっと具体的なアドバイス、指針を示してくれるはずです。

転職エージェントは就職させるプロです。
登録するとものすごいスピード感で動き出してくれます。

就職させるプロが無料で本気で力を貸してくれるのは、人材募集をしている企業側から報酬が発生するからですが、就職活動する側からすると本当にありがたいシステムです。

dodaへの登録はこちらから

DYM転職への登録はこちら

僕の就職した33歳という年齢は、真っ当な企業へ就職するには本当にギリギリだと思います。
実際はたまたま僕が運が良かったのかもしれません。

就職というのは、本当に手遅れになってしまうデッドラインがあります。

この記事を読んでもしもやる気になってくれる方がいらっしゃれば幸いです。

もしも、会社員にマイナスイメージを持っていて就活への腰が重いという方は、こちらをご一読下さい。
サラリーマンも案外面白いし、色々と優遇されています。
フリーターより正社員の方が圧倒的に楽しい理由。フリーターを続けるのは大損です。

以上、『フリーターが就職を成功させて正社員になる方法!30過ぎで就職を成功させた経験者が語る。』でした。


タイトルとURLをコピーしました