ガスファンヒーターの脅威の暖房能力!最強の加湿機能で乾燥した空気環境でも湿度がグングン上がる。

我が家のリビングではガスファンヒーターをメインで使っています。

ガスファンヒーターは、手間なく快適な室内環境を作れるという部分で、他の暖房器具に比べ群を抜いています。

この記事では、燃料の補充がいらず、温度上昇が早く、同時に加湿を行うという、欠点ほぼなしの暖房器具ガスファンヒーターの特徴を細かく解説していきます。

スポンサーリンク

ガスファンヒーターは暖まるのが抜群に早い!

ガスを燃やして直接空気を暖められるので部屋が即暖まります。

準備運転もないので本当に早いです。

暖かい空気は上昇して行くので、部屋全体の暖房は往々にして効きにくいものですが、設置位置の関係で、ガスファンヒーターは床に設置するものなので、エアコンのように上部から吹き出すものよりも効率的に床から全体を暖められる。

実感として、電気のファンヒーターやエアコンよりもやわらかい温風が吹いているように感じるのだけれども、部屋が暖まるのは圧倒的にガスファンヒーターが早いです。

ガスファンヒーターは加湿器いらず。

ガスは燃焼すると化学変化で熱と共に水分が発生します。

都市ガス燃焼の化学式
CH4+2O2=CO2+2H2O
メタン+酸素=二酸化炭素+水

そのため、ガスファンヒーターは使っているだけでガンガン加湿されていくので、加湿器いらず。
一時間で湿度10%程度は上がります。

気体中に含まれる水分量というのは、室温に対して上限があります。(物理的に)。そのため、気温15度の湿度100%と、気温25度の湿度100%は気体中に含まれる水分量は全く違います。25度の気体の方が15度にくらべ、約2倍の水分が含まれます。

室温だけ上げてしまうと湿度は下がる!?

室温が低い状態で湿度が十分であっても、室温が上がったときに実は湿度は減少してしまうのです。
少しややこしいですが、空気中に含む水分量が変わらない場合、湿度は温度に対して相対的に変化していきます。
湿度を保ちつつ温度を上げるには、暖房と合わせて加湿が必要となるのです。

16.5度の室温で湿度50%→25度の室温だと約30%に減少する。

冬場に加湿なしでエアコンを使って暖房するとガンガン相対湿度が下がっていきます。
住環境で快適な空気環境は、室温24度以上湿度40%~70%とされていますが、冬場の湿度を40%に持っていくのは濡れタオルでは中々厳しいのです。

冬場のエアコンは物理的に必ず乾燥する。効果的な乾燥対策とは。
エアコンの暖房を使うと必ず湿度が下がってしまいます。 湿度が乗った快適な空気環境を作るにはどうすべきか。

しかし!ガスファンヒーターを使うと、温風に水分をのせて高温で高湿度の空気をばらまくので、あっちゅうまに快適な空間を作ってくれると言うわけです。

ややこしい内容でしたが、すごいですガスファンヒーター。
2月の雪が降った日にガスファンヒーターで部屋を暖めるとこんなに快適な室内環境になります。

難しいことを考えずにスイッチオンでこの完璧な空気環境が実現できます。


我が家では50号サイズのガスファンヒーターを使ってます。
基本性能はどこのガスファンヒーターでも変わりありませんが、このTOHOガスの製品やRinnai製品は見た目がシンプルでインテリアの邪魔になりにくいと思います。

木造15畳、RC造21畳の設計ですが、18畳のリビングで余裕の能力です。

光熱費は?

様々なサイトで検証されてますが、エアコンとガスファンヒーターを比較すると、ほとんど変わらないか、エアコンのほうが少しお得のようです。(都市ガスの場合)

湿度が高いと体感温度が高くなる!

しかしながら、ガスファンヒーターは同時に加湿を行うため、加湿器が要らない。湿度が高いため体感温度が高いという利点があります。

室温24度 湿度30%のとき 体感温度21.4度
室温24度 湿度60%のとき 体感温度23.0度
(ミスナールの計算式で算出)

様々なサイトでの光熱費の計算結果が、湿度の違いによる体感温度を考慮に入れているのかは不明ですが、圧倒的な暖房速度と加湿能力の前では多少の光熱費は許容範囲に思えます。

スポンサーリンク

子育て中にもオススメな安全性

乳児にとって快適な湿度が大事な事はもちろんですが、ガスファンヒーターは手が届く部分に火傷する危険のある高温部がありません。
2、3歳のイタズラ大好きな時期でも火傷の危険は少ないでしょう。

ストーブのような火傷は起こりませんが、熱風吹き出し口を長時間触ると当然火傷の危険があるので、手が届かないように柵で仕切り、お子様から目を離さないようにしましょう。

湿度の高い温風は肌当たりが優しいので、直接風が当たってもストレスになりません。
我が家の息子達は猫のように暖かい場所を求めて吹き出し付近に集まってきます。

設置にはガスコンセントが必要

ガスファンヒーターはガスコンセントがないと使えません。ガスコンセントがない場合は東京ガスなどの業者に頼むと一時間程度で作ってくれます。
工事費は12,000円程度でした。

まとめ

ガスファンヒーターはとにかく暖かくなるのが早い。
その上乾燥も防いでくれるかなり優秀な暖房器具です。
ガスの自由化で料金も下がれば非の打ち所がなくなりますね。
ガスコンセントは設置位置に多少制約はありますが、ガスコンセントを設置してでもガスファンヒーターの快適さを体感してみて欲しいですね。

以上、ガスファンヒーターの脅威の暖房能力!最強の加湿機能で乾燥した空気環境でも湿度がグングン上がる。というご紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました