最強のランチ節約法。昼食は250円以下ですませよう!

超節約

毎日のランチ代は実は意外と家計を圧迫しているかもしれません。

500円のランチを30日食べたら月額15000円。
丸ノ内OLだったらコジャレたレストランに行くでしょう。一食1000円は行くのかもしれません。それだと月額3万円。

思ったより大きな金額です。

とはいえランチというのは勤務時間中に仕事から解き放たれる唯一の甘美な時間。

なるべくストレスにならないように折り合いをつけながら、常識を覆すランチ代の節約方法をご紹介します。

スポンサーリンク

まずはランチ代の上限を決めよう!

今までボンヤリと650円のヘルシー弁当に加えて飲み物を買ったりしていた方は、如何に自分がボンヤリしていたか肝に命じましょう!

そして圧倒的に厳しめな昼食代の上限を設定してみましょう!

250円位が目標でしょうか。最終的には税込200円を目標としたいところです。

当然まともなお弁当なんか買えやしません。

それをどう乗り越えるか!
なるべく貧乏臭くない、かつ激安に、かつ手間を少なくランチを済ませる方法を責任を持って提案させて頂きます。

冷凍パスタのまとめ買い

冷凍パスタで節約
最もオススメな方法。
ご存知かもしれませんが、昨今の冷凍パスタのクオリティは素晴らしいのです。
しかもバカ安。
スーパーで一食160円位で購入出来ます。
コンビニでも200円程度で売ってます。

冷凍パスタをレンチンすれば、そこはもうイタリア状態。
問題は、勤務先にレンジがある、冷凍庫がある、という条件が揃わないと実現できないところでしょうか。

ここで節約とはかけ離れてしまう提案ですが、ランチを冷凍パスタ中心にするのであれば、上質なパスタ皿をご用意頂く事をおすすめします。

食事は雰囲気です。
素敵なレストランで、オシャレなお皿で食べる食事は精神的作用でより食事を美味しくさせてくれます。

部屋の雰囲気は変えられませんが、一枚の素敵なお皿はたった160円の昼食を贅沢な上品パスタに変えてくれます。

僕の好みですが、素敵なパスタ皿を紹介します。


ジャスパーモリソンデザイン、ローゼンタール製のお皿です。

おうちで実際使ってますが、何年使ってもこのパスタ皿を使う時は気分がちょっと高まります。
100円ショップのお皿では絶対感じられない存在感があります。


こちらは柳宗理のパスタフォーク。柳宗理のカトラリーは永遠の定番の感がありますが、このパスタフォークはパスタ専用デザインなので、フォークの隙間へのパスタの納まりが最高で食べやすい。
オシャレで食べやすい。最強ですね。

フルグラと豆乳で安く健康にキメる!

フルグラで節約
フルグラはアマゾンでのまとめ買いがバカ安です。
定期便にするとさらに値段が下がります。家がフルグラで溢れるかもしれないので定期便にはしてませんが。


しかも最高にヘルシー。食物繊維たっぷり。

一食150g食べるとすると、約32食分。
一食辺り125円!

フルグラを食事とすることについてカルビーは以下のように回答しています。

フルグラは穀類やドライフルーツといった炭水化物を多く含む原材料を主に使用しております。
食事としてお召し上がりいただく場合は、パンやご飯と同じように主食としてお召し上がりください。
フルグラだけですと、たんぱく質が不足します。ビタミンやミネラルも添加されておりますが、全てを補えるものではありません。
たんぱく質を多く含む食品(牛乳、ヨーグルト、豆乳など)や野菜、果物を組み合わせてお召し上がりになることをおすすめいたします。

つまり、フルグラに畑の肉と呼ばれる豆乳をかければ更にヘルシーになって最強ということです。


200mlが一食分にピッタリ。
現在アマゾンでは一本当たり77円ですが、コストコが恐らく最安。
200ml一本当たり60円を実現して頂いております。
(安い時は48円のときも)
コストコの豆乳が安すぎ
フルグラと豆乳で計185円!

ヘルシーでこんなに安いと頭が変になりそうなレベルですね。

スポンサーリンク

コンビニおにぎり2個

おにぎりで節約
コンビニおにぎりは実に美味しい。
長年に渡る商品改良の末、コンビニおにぎりを越えるおにぎりは中々見当たりません。

やはりランチ代を抑える為には2個が上限かと思います。
具材は定番の梅、昆布、おかかから選ぶと圧倒的に安くなります。
セブンイレブンだと紀州南高梅税込125円、日高昆布115円、おかか110円となっております。

梅と昆布で240円。

問題は成人男性だとおにぎり2個ではちょっと物足りないかもしれません。

おむすび権兵衛が通勤途中にあるのであれば、玄米おにぎりを2個買えば、コンビニおにぎりよりもボリュームがあり、値段もコンビニと変わらないので、ラッキーですね。

玄米で健康増進も計れます。

正直おにぎり位なら出勤前にささっと握れば、一食100円以下の圧倒的な節約がはかれます。

お弁当男子になる


急に普通ですみません。
やはり手作り弁当は安いです。

ただ難点は手間が掛かるところ。
毎日妻が手作りしてくれるような円満夫婦であれば良いですが、共働きや育児中であれば、お願いするのも難しい。

夜のうちに作っておいたり、朝早起きするという気力労力が必要なので、僕はあまりオススメしません。

しかしながら、メリットとして、自分で作る場合費用を完全にコントロールすることが可能で、極限に節約すれば100円以下でお弁当を作る事も出来てしまいます。

スポンサーリンク

ランチなんて食わない節約法

いきなり極限の方法ですみません。
しかしながらこれが最も最強なランチ節約方法であることは揺るぎない事実。

昼飯を抜いてしまうメリットとしては、まずは家計の固定費一覧からランチ代が消滅してしまうことです。
恐ろしいことです。
あとは晩飯が異常に旨い!

更に、今までお弁当を買いに行きレジで並んでお弁当を買って帰ってきてお弁当を平らげる。という、早くても30分は掛かる一連の流れが飯を食わないことで0にできてしまいます。
丸々一時間あれば何が出来るでしょうか。たっぷり資格勉強も出来ます。2日で一本映画が見れてしまいます。たっぷり読書も出来ますね。

昼飯なんて抜いたら健康に影響が出るわアホ。という意見もあるかと思いますが、実は一日一食生活というのは身体に老廃物を溜め込まない病気知らずの長寿を実現する方法という側面もあります。

食事というのは、生命維持の為に必要なものではありますが、体内へ入った異物を栄養に変換するということは、同時に活性酸素を発生させ、細胞の老化へ寄与してしまう影響もあります。

病気知らずの若い身体を維持する為。という理由を元に昼メシを抜くと家計も助かってしまうという、一挙両得の最強の節約方法な訳です。

昼食をとって眠くなってしまうことは誰もが経験したことがあるかと思いますが、ランチを抜くことで昼食後も集中力を切らさずに仕事に打ち込めます。

著名人でも一日一食を実践される方も多々おり、タモリさん、ビートたけしさん、GACKT、京本政樹さんらは一日一食を継続されているようです。
見た目が実年齢より若い方が多いですね。

とはいっても、数十年食べてきた昼食をいきなり完全に無しにするのは精神的に結構ストレスだと思います。
今日はあんまりお腹空かないなあ。なんて日は、無理して食わずに節約する。お昼を抜いたって身体に悪い影響ないよ。って気持ちで実践してみて下さい。

僕の場合は以前アトピーで苦しんでいた時期に、断食と一日一食の生活を続けて病気を克服した経験があるので、昼食を抜くことの身体への影響はプラスにしか影響しないと考えています。

ちなみに睡眠時間が足りないと人間の構造上、空腹を感じるホルモンが出てしまうので、夜しっかり寝ることで昼食抜き節約法は実践がしやすいでしょう。

良質な睡眠とアトピーの関係。成長ホルモンと満腹中枢の働きを考えよう。
良質な睡眠はアトピー完治への近道です。 睡眠時間で身体を変えていきましょう。

まとめ

昼飯を抜くという常識を外れの提案もしてしまいましたが、その他200円程度でもそれなりにしっかり食事が出来るます。(賛否両論あるでしょうが)

実は問題はお昼代を節約して何をするのか。というところで、その使用用途いかんで節約へのモチベーションは変わってくると思います。

例えば、節約したお金を高配当株に全て投資し、日ごとに受け取る配当を増やしていけば、家計を気にせず毎食1000円のランチに出かけるなんてことも期間はかかりますが可能です。

節約する目的を決めることが最も重要かもしれませんね。

以上、最強のランチ節約法のご紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました