バーベキューでピザを焼く。バーベキューコンロ専用のピザ窯を使ってみました。

妻から
「屋外でピザパーティーをやる。
ピザを焼くのはお前だ!」
とピッツァイオーロとして一位指名を受けた私。

上手くいくかは分からんけれど、バーベキューコンロで使えるピザ窯を買ってみました。


何せ安い!
この値段でピザストーンの上でしっかり焼く機構になっています。
しかもピザパーラーもついてくる。

ピザパーラー
結構本格的なピザパーラーで、本体よりも興奮します。

ピザ生地はしっかり仕込んだので、上手く焼けるかチャレンジしてみました。

プロが教える美味しい本格ピザ生地の作り方。お店のピッツァのレシピを真似して仕込んでみよう!
ピザ職人が気を付けるポイントを超詳しく解説。家庭で本場と同じ美味しいピザ生地を作ってみよう。
スポンサーリンク

セッティングと火力

バーベキューコンロに微妙に乗らなかったので斜めになりました。

火は木炭だけです。

このコンロ、安いのに温度計迄付いている。

しっかり焼くなら280から300度は欲しいところ。
高温で焼き上げるから上手いのだ。
と思っていたものの、中々温度が上がらない。
240度位だ。

このまま焼いてしまおう。と思った。

何故なら、火の管理は他の旦那さんがやってくれていた上、自分も初めて使うのでよく分からなかったから何も言わなかったからだ。僕は引っ込み思案なのだ。

焼いてみた

ということで、生地を伸ばしてトッピング。

パーラーに載せて投入。

入口が狭くてちょっと入れるのが難しい。
生地の滑りが悪いと惨事になるので、パーラーに打ち粉を振りかけておきます。

そして4分ほど待って焼き上がったのがこちら!

うーむ。
チーズの溶け具合はよいです。が、縁が焼けきってないし膨らんでない。
低温で焼いたからでしょう。
まあピザの裏もしっかり焼けているし、食感もよく、成功と言えば成功。

まとめ

今回購入したピザ窯のコストパフォーマンス、性能は素晴らしい!
火の管理こそがピザ職人の仕事だと痛感した一日となりました。
300度付近まで温度を上げてから焼くことをオススメします。
引っ込み思案を治そう。

スポンサーリンク

関連記事

ピッツァ
イチカワをフォローする
nohmiso.com
タイトルとURLをコピーしました