ロタウイルスで一家全滅。ロタワクチンのススメ。

地獄のような二日間が過ぎ去った。

我が家がロタウイルスに襲撃されたのだ。
双子の息子が相次いで突然ゲロる。それはロタウイルスとの壮絶な戦いの幕開けに過ぎなかった。

ロタウイルスは乳幼児における下痢症の主要な病原体である[1]。レオウイルス科に属する二本鎖RNAウイルスの属である。離島国などを除き世界中でほとんどの乳幼児が5~6歳までに一度はロタウイルスの感染を経験する[2]。感染のたびに免疫が誘導されるため、回を追うごとに軽症化し、大人は発症しないか、極めて軽微となる。
          引用:wikipedia
スポンサーリンク

ロタウイルスワクチンは接種済みだった息子達

そう。我が家ではママがもしもの事を考えてロタテックというロタウイルスのワクチンを接種していたのだ。
すんげー高いのに!

ロタテックは一回の接種が10000円。計三回接種する必要があります。
我が家は双子なので、計60000円!恐ろしい!

6万円もかけて予防接種したのに!と思うのは間違いで、予防接種をしてもロタウイルスの感染は防ぎ難いようだ。

ロタウイルスの初感染時は重症化する事が多く、最悪死亡する危険もあるので、予防接種でで免疫を作り、軽症化する事ができる。

予防接種のおかげか、息子達は5回づつ程ゲボったものの、比較的元気に動き回っていた。
予防接種しといてよかった。
ゲボった当日はちょっとぐったりしていたけれども、翌日には元気すぎて困ったちゃんだったのだけれども。。

妻が倒れた&下痢便水便のバイオハザード

ゲロまみれの一日の終わり、ゲロで窒息しないように息子達を横に向かせて両親も床に着いたのだけれども、妻が突然「あれ、気持ち悪いかも」といって便所へ駆け込んだ。

翌朝、妻は起き上がれず、ゲロとゲリを発症。ロタがうつってしまったようだ。
まだ一歳の息子達をみれる状態ではなくなってしまったので僕は有給を取得。

ぶりりりりりりっ!

甲高いゲリ便のサイレン音と共に地獄のワンオペ育児が幕開けした。

朝目覚めた瞬間から息子達のオシリから噴出するゲリ便に次ぐゲリ便
いかに昨今の紙オムツの性能がレベルが高いといえども、水便の勢いを防ぐには至らず。
水便をする度に肌着にまで浸出してしまい、毎度肌着まで交換する。

次男がウンチを漏らして、オムツと肌着を交換している横で、長男は次男の様子を見ている。
横に置いたウンチまみれのオムツに手を伸ばす長男。
「やめてー!」と叫ぶ僕。

ぶりりりり。

長男も漏らした。
大変だ。実が完全にオムツの後ろからハミ出して肌着にクッキリとウンチがついている。

次男のオムツを履かせ、長男を抱き上げてお風呂場に直行。

ウンチが髪につかないように肌着を脱がる。ウンチがボトボトと落ちる。息子は泣きながらウンチを踏みつける。
「やめてー!」と叫ぶ僕。

シャワーできれいにし、リビングに戻ると次男は床にウンチ汁を漏らし、ウンチ汁の中に座ってキョトンとしておる。

地獄。

次男もシャワーでキレイにし、一旦落ち着く。

双子の育児の朝は大忙し。まずは朝食。
二人を椅子に座らせ、昨昼に妻が二人を連れて病院で貰ってきたビオフェルミンをバナナヨーグルトに混ぜて食べさせる。
腸にやさしい朝食にした。

あれれ、知らないうちに床が濡れておる。茶色い。
水便だ!

次男が座りながら水下痢を噴出したようだ。シートを敷いていたから助かった。
ああっ!やめて!水便を足でピチャピチャしないで地獄。

次男をシャワーで流し、山のようになった肌着を風呂場で手洗いし、洗濯機を回し、掃除機をかけ始めた。

二人はキャッキャ言いながらパパを追いかけ来る。

予防接種のおかげだろう。二人は嘔吐は初日で落ち着き、ゲリ便を漏らしまくる以外はスコブル元気だ。熱もない。
まだ朝の10時になったばかり。

ぶりりりりりりりりりりりりりりりっ。。。。。。。。

バイオハザード。

ロタワクチンは絶対に打ったほうがいい

水便漏れまくり状態は2日間続き、終焉に近づきつつありました。
使用したオムツは約50枚。

洗濯機は何回まわしたか記憶にない。
乾燥機能付きの洗濯機でなければ成立しない2日間。

ロタに感染すると、ロタワクチンを接種した状態でもドエライ過酷なバイオハザード育児状態に陥ってしまいました。
ワクチンを接種せずに、2人の息子が発熱や腹痛で苦しんでいたらと思うと、どうしようもなかったと思います。
ロタを発症したときは、水便が続くので、脱水症状には気をつけて下さい。
水便が出まくるのが嫌で水分を取らせないとエライ事になります。
下痢を繰り返して体内のウイルスを排出しているので、むしろドンドンウンチが出るようにしてあげなくてはなりません。

ロタウイルスにはほぼ間違いなく感染すると思います。
お子さんが苦しまないように、ロタウイルスのワクチンは接種をオススメします。

希望としては、5歳児までの乳幼児の殆どが一度は感染発病して、死亡例も多数あるのであれば、予防接種は無料で受けられるようにしていただきたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました