スイッチとコンセントをパナソニックのアドバンスシリーズに変えてみた。


スイッチカバーやコンセントって小さいくせに、壁面にポツンとあるので存在感があるし、毎日触る場所なので、結構目立ちますよね。

中古住宅を購入して、自分でリフォームしていたり、ちょっと気分転換しときには、スイッチカバーやコンセントカバーを交換してみるといいかもしれません。

ということで、僕が家をリフォームしたときに交換したパナソニックのアドバンスシリーズがとても良かったので紹介します。

スポンサーリンク

パナソニックアドバンスシリーズがかっこいい

アドバンスシリーズとは、電設製品の最大手パナソニックが突然本気出してきた、機能、操作性、デザインにこだわったスイッチ、コンセントのシリーズです。

スイッチ・電気設備 | Panasonic
アドバンス シリーズ くらしをスマートにかえる新しい時代のプレミアムスタンダード。スイッチ・コンセントなど、リフォーム、新築に最適なパナソニックの配線器具や情報機器をご紹介。

存在感を抑えつつ上質にこだわったフラットデザイン。

「細部に神は宿る」と言ったのは建築家のミースファンデルローエですが、スイッチという細部までこだわってこそ、心地よい空間が出来上がっていくのではないでしょうか。

付けてみた。

これが
これに!

これが

これに!

素晴らしい!美しいスイッチとコンセントになりました。

ちなみに自分で施工するには電気工事士の資格が必要です。

交換するときの注意点

他のパナソニック製品と互換性がない

今のパナソニックの主流だとコスモワイドシリーズだと思いますが、ネジの位置が微妙に違うので、取り付け枠もアドバンスシリーズで揃えなければなりません。


取付枠から交換するのはちょっと手間かもしれません。

ちょっと高い

コスモワイドシリーズと比べると結構高め。
安くキレイにしたい場合はコスモワイドシリーズで十分。
かっこいいスイッチにしたいならちょっと奮発しましょう!
3倍近い値段の差があります。

店で売ってない

でかめのホームセンターでも売ってません。
アマゾンで買いましょう。
※2018年1月にカインズホームで売っているのを確認!感動です。



まとめ

経年劣化で色褪せたスイッチを変えてみると、意外と部屋の雰囲気はかわります。

アドバンスシリーズはスッキリとしたデザインでオススメですが、アドバンスシリーズでなくても、古くなったスイッチ回りコンセント回りを一新すると気分がちょっと変わるかもしれません。

DIYで壁掛けテレビの裏にコンセントとアンテナジャックを増設してみた。
テレビを壁掛けにしたので、テレビ裏にコンセントとアンテナジャックを移設してみました。