バイオリンをいくら練習しても上達しない理由。大人でも上達する人が実践する上達の近道とは。

バイオリン

バイオリンがいくら練習してもイマイチ上達しない。
毎日何時間も練習してるのに。
奮発して高いバイオリンを買ったのに。

大人になってバイオリンを始めた方にはこんな気持ちの方は多いかもしれません。

「バイオリンが悪いのかしらん?」

そんなことはないでしょう。
今使ってるバイオリンをバイオリンの先生に弾いてもらえば分かります。
先生が弾いたら悲しくなるほどいい音が響く事でしょう。

上達しない原因はきっと練習時間ではなく、練習方法。

悲しいかな、なんとなく長時間練習していても、バイオリンの実力は殆ど上達しません。

ただでさえ難しいと言われる楽器です。ポイントをおさえた練習をしなければ上達は難しいのです。

せっかくバイオリンをはじめたのであれば、正しい練習方法を身につけましょう!
最初のうちは、曲を楽しむよりも、上達を楽しみましょう!

スポンサーリンク

当たり前だけど基礎が一番大事!自己流は絶対辞めましょう

バイオリンには300年の長い歴史があります。
同様に、バイオリンの練習法、上達法にも長い歴史があるのです。

バイオリンの先生は自分が上達した経験を元に、上達するための近道を教えてくれます。

先生に「こうやって弾こう」と指導されたら絶対に言うことを聞きましょう。

勝手に「先生のやり方よりこっちの方が弾きやすい」と自己流で練習すると、絶対に上達しません。

やりたいことをやらせてくれる先生。基礎ばかり繰り返しやらされる先生。
場合にもよりますが、本当に生徒思いなのは基礎を繰り返し指導してくれる先生なのだと思います。
やりたい事は自分で時間を作って練習しましょう。

正しいバイオリンの持ち方をしてますか?

バイオリンは初めて持った人にとっては意味不明なほど持ちづらい楽器です。

横向きのバイオリンを首に挟むんでっか!?
横向きのバイオリンに垂直に弓を上げ下げするんでっか!?

最初そうは思うことでしょう。

安心して下さい。正しい持ち方が身体に染み付くと、それが当たり前で楽勝になります。

ただし、このバイオリンを持つところから自己流で始めてしまうともうアウトです。
上達する望みはありません。

最初が肝心です。バイオリンは最初は必ず教室で習いましょう

スポンサーリンク

左手首は曲がってないか。指の位置は正しい位置にあるか。

左手首は必ず真っ直ぐです。
弾きづらいから手首が外側に曲がり、バイオリンのネックに添ってしまって何度も指導されると思いますが頑張りましょう。

手首が曲がったまま弾いてるプロのバイオリニストは一人もいないはずです。

左手の指は正しいポジションにあるかも確認しましょう。
ネックと比べて指の付け根が下過ぎると、指を立てて弾けない、全体に指が届かずベタ指になるなどの支障がでます。
親指の位置も正しい位置に配置しましょう。

五嶋龍さんの構えなんかは非常にキレイで参考になります。
マッチョ過ぎますが。

右手の指は正しい位置にあるか

右手首は柔軟に。自由自在に弓運びが出来るように正しいポジションを身に付けましょう。
小指は弓の微妙な動きを操作する重要な役目があります。

弓のボウイング

バイオリンの音色は弓運びで決まります。
弦に対して垂直に動かすことは難しいかもしれませんが当たり前に出来ないと上達しません。

チューニングはしっかり出来てますか?

チューニングは完璧にしましょう。
チューニング出来てないと音が全然響かない上、間違った指の位置で練習する事になります。

正確なチューニングがされた上で正確な音程が出る場所を押さえる訓練をすることが上達のための練習になります。

初心者は特に、ピアノ等で音を合わせるよりも専用のチューナーで合わせて開放弦の音を身体に染み込ませましょう。


バイオリン専用の、ネックに付けられるタイプはスゲい便利です。これはメトロノームまで付いてます。

ピッチ(音程)はちゃんと取れていますか?

バイオリンの楽しみはやはり曲を弾きこなすことだと思います。

が、初心者が曲の練習ばかりしていても、演奏能力の向上には繋がりにくいのも現実です。

運指のトレーニングをして、ピッチ(音程)を外さないようにしなければ美しい音色は出せません。

僕はセブシックという教本のフレーズの練習をオススメしますが、セブシックのopus1のpart1の1ページ目を30分練習してから曲の練習に入ってみると、不思議なくらいピッチが取れてスムーズに指が動くことに驚くと思います。

セブシックは残念ながら弾いていて全く面白くない訓練の為の本ですが、ワンフレーズづつ、音符一個づつ音程がピッタリ合うように何度も練習すると、ビックリするほど能力が向上します。

セブシックは左手の運指練習用、ボーイング練習用、ポジション移動練習用等、目的別に本が別れているので、上達したい目標の本を一冊づつ買っていくのがいいでしょう。
まずはopus1のpart1から。

自分も適当に練習していて無駄な時間を過ごしていました

僕は小さい頃親に無理矢理やらされていて中学に入った頃に離脱しました。
基本的にバイオリンが全く弾けない母親に指導されていた為(謎。先生にも習ってた時期もあります。)、元々がヘタクソだったのですが、大人になって再開しました。

再開してから、なんとなく昔練習した曲やPOPソングを弾いてみたり、それなりに練習してみたものの、全然上達しない。
当時は自分では曲が一通り弾けて、上手くなってきたと思ってたのですが。今思えば酷いものでした。

謎のアメリカ人バイオリニストとの出会い

25才頃の話。
母親が何故かアメリカ人のバイオリンの先生のもとでバイオリンを習い始め、一度無理矢理一緒に連れて行かれました。
その先生がCDも出してたりする中々凄い先生だった訳です。

僕が弾き始めると、嵐のような指導が。
「ノー。バイオリニストはこう弾く!」と、右手の手首の角度、親指、人差し指、中指、薬指、小指、左手の手首、親指、人差し指、中指、薬指、小指を修正されました。
そう、はっきり言って全部。

僕は20年近く間違った練習をしていたのです。無念。

極度の人見知りの僕は二度とその先生に教えてもらいには行きませんでしたが(実家を離れていたからです)、その一度の指導でバイオリンの腕は劇的に向上しました。

正しい手のポジションを身体に染み付かせることで、いい音を出すのが楽になり、正しい音程が出せるようになりました。

その先生にはセブシックを練習するようにも指導されましたが、基礎の重要さを思い知った出来事でした。

スポンサーリンク

バイオリン上達のためのまとめ

バイオリンは曲が綺麗に弾けるまでが中々長い道のりです。

上達する近道は基礎アンド基礎アンド基礎です。

一曲をキレイに弾く事は、音符一個づつを丁寧に正しい音程で正しいボーイングで鳴らしていく連続なのです。

今まで上に挙げた事をないがしろにしてきたのであれば、そこを意識するだけでいい音を鳴らすことが出来るはずです。
頑張りましょう!

以上、『バイオリンをいくら練習しても上達しない理由。大人でも上達する人が実践する上達の近道とは。』でした。

タイトルとURLをコピーしました