アマゾンプライムが30日間無料体験! 

スマートフォンだけで出来るWordPressでブログを立ち上げするときのやることリストと手順。

Wordpress

WordPressで新しくブログを立ち上げるのって結構やること、やらなければならないことが沢山あります。

今回は自分の備忘録的な内容で記録していきます。

僕はほぼ全ての設定をスマートフォンで完遂してますが、パソコンの方が楽なのは言わずもがな。

スポンサーリンク

ドメインの取得

ムームードメイン
でドメインを取得する。
初年度は安いけど、2年目から値段が跳ね上がってたりするので気を付けて。
199円のドメインを契約したら、次年度から3980円と書かれていて詐欺なのかと思いましたよ。

『.com』が安くて一般的でよいです。
使いたいドメインで『.com』があったらラッキーものなので取得しましょう。

独自ドメインじゃないとグーグルアドセンスの審査に出すことすら出来ません。

ロリポップのサーバーへの登録

契約してなければ契約しましょう。

ロリポップ!のスタンダードプラン

を僕は使ってます。

スタンダードプランで年間8000円位。

安くてそれなりに。がロリポップ。
スピードを求めるなら最初からSSDを使ったサーバーの方が良い。

サイトスピードはgoogleの評価に繋がります。
そしてサーバーの移転はやっかいです。

僕が今サーバー登録をするならMixHostcolorfulboxにすると思います。安定感で。
(その後colorfulboxに移転してしまいました。値段はロリポップと変わらないのにSSDです)

サーバーを契約したらサーバーにドメインを登録します。
サーバーへの登録はDNS認証して簡単に登録出来ます。

サーバー内での独自ドメインが使うフォルダ名称「公開フォルダ」の名前を流れで設定することになります。

公開フォルダ設定での名称は要注意。
既存でWordpressのブログがある場合、既存のブログと同じ名称(例えばwp等)のフォルダ名称にしてしまうと、既存のブログが上書きされて消えます。
絶対に別名称にしましょう

僕はやらかしてサイトがなくなってhello world!と言われて寝込みました。
復活は出来ましたが。

最初にSSL設定しておこう

SSL化とは、サイトのデータを暗号化してサイトの安全性を高める行為です。

ページのアドレスがhttp://からhttps://に変わり、googleclomeだとアドレスバーに南京錠マークがつきます。

後から設定は結構大変なので、一番最初にやるべきです。
ロリポップではユーザー専用ページのメニューから

ロリポップではユーザー専用ページのメニューから
セキュリティ設定→独自SSL証明書導入
と移動して、表示された未設定の独自ドメインをチェックするだけです。

httpsに変更するということはサイトのアドレスが変わるということなので、アクセスが増えてからの変更はリダイレクト(前のサイトアドレスへのアクセスを自動で飛ばしてもらう設定)の設定が必要になり、メンドウです。

ロリポップでhttpからhttpsへするには?https導入のメリットとは
サイトアドレスをhttps:// に変えてセキュリティ強化しよう! 操作手順詳細を紹介。

WordPressのダウンロード

ロリポップではユーザー専用ページのメニューから『サイト作成ツール』→『Wordpressインストール』へ進みます。

ドメインを指定してWordpressをインストールしますが、Wordpressをドメイン直下に置きたいので『配下フォルダ』は空欄のままインストールします。

ここに例えば『wp』等を入力すると、ブログのアドレスがこのブログのURLを例にすると、『nohmiso.com/wp』というサイトアドレスになってしまいます。

見栄えが悪くなる上に、サブディレクトリのブログはこの先google adsenseの審査が受けられなくなってしまいます。

元々ドメイン直下にWordpressでブログを運用していて、同じドメインのサブディレクトリに別ブログを作るという目的であれば、元々のドメインの力を利用しながらブログ運用が出来るので問題ありません。

初めてのブログや、別ドメインのブログを開始する場合は空欄で進めましょう。

スポンサーリンク

WordPressのテーマのインストール

どのテーマでもブログ開始は問題ないが、無料で圧倒的な性能と人気を誇る『cocoon』がオススメ。
以下の公式ページからダウンロードしましょう。

Cocoonテーマをインストールする方法
WordPressにCocoon親テーマと子テーマをインストールして利用するおすすめのインストール方法です。

cocoonは使っている人が多いので困った時のカスタマイズの情報がネット上に豊富にあり、作者の『わいひら』さんもとても良心的に相談にのってくれる。

継続的に機能が追加されていっているので、公式ページからわいひらさんをフォローして最新情報を見逃さないようにしたい。

WordPressアドレスとサイトアドレスの変更

wordpressアドレスとサイトアドレスを変更します。
httpsの新住所が作られたので、引っ越し作業のようなものです。

wordpressのダッシュボードの「設定」→「一般」と進み、以下の画面を表示して下さい。

オレンジで囲んだ2箇所のアドレスの「http」を「https」に変更します。
上の図は変更後の状態です。

wordpressアドレスを間違えると、自分のサイトが行方不明になり、管理画面にもアクセス出来なくなります。sの追加以外は触らないようにしましょう。
スポンサーリンク

サーチコンソールへの登録

Googleの提供するサーチコンソールに登録すると、自分のサイトがどういったワードで検索されているか、サイト内にエラーがないか等が確認出来るようになります。必須です。

Error 404 (Not Found)!!1

実際の登録はこちらのヒデタニさんのページが詳しかったのでリンクさせて頂きます。

【ロリポップ+ムームードメイン】グーグルサーチコンソールで所有権の確認ができない原因はコレだ!
新たにドメインを取得して、グーグルサーチコンソールに登録!と、思ったものの新サーチコンソールの機能に翻弄され、所有権の確認ができず、登録できませんでした。その時の反省と辛さを繰り返さないため、ここに対処法を記録しておきたいと思います!

Google analyticsの登録

こちらも必須。
サイトの各ページへのアクセス数や、アドセンスへのクリックなど、サイトのアクセスの状況が確認できます。

WordPressのGoogle Analytics Dashboard for WP (GADWP)というプラグインを入れることで、Wordpressの管理ページでアクセス数を確認出来るようになります。

プラグインの導入

cocoonはテーマの機能でSEOや高速化の機能が付随しているので最低限のプラグインだけダウンロードしましょう。

Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)

管理画面でアクセスの確認が出来るようになります。

Google XML Sitemaps

素早くコンテンツを検索エンジンに認識してもらうためのもの。
Google推奨のプラグインなので導入必須。

ContactForm7

お問い合わせフォームは最初に作っておきましょう。
以下に詳細な設定方法を解説しました。

Wordpressのお問い合わせフォームに独自ドメインのメールアドレスを設定する方法。メールソフトへのメール設定からcontact form 7の簡単設定まで。(ロリポップでの設定)
タイトルは長いですが、ブログへのお問い合わせフォームの設定手順を全て盛り込みました。簡単です。

プライバシーポリシーの記載

ブログのプライバシーポリシーを記載しておきましょう。

グーグルアドセンスの審査でもプライバシーポリシーがないと良くないみたいです。
こちらのページで詳しく記載があったのでリンクさせて頂きます。

たったこれだけでブログのSEO評価が上がる?!プライバシーポリシーの作り方
プライバシーポリシーを公開した日から、それまで停滞していたアクセスが急に上がり始めました。そして、調べていると、プライバシーポリシーはほとんどのブログやサイトで表記する必要があるものだと分かりました。この記事では、プライバシーポリシーの必要性と作り方についてお伝えしています。

まとめ

取り急ぎここまで設定すれば、ブログを運用開始出来るのと思います。

あとは細かいデザインの設定を楽しみましょう。

10記事位書いたらgoogle adsenseの審査に出してみましょう。

以上、スマートフォンだけでWordpressのブログを立ち上げするときのやることリストと手順。でした。

タイトルとURLをコピーしました