雨でも楽しいトラックの博物館『日野オートプラザ』が圧倒的にトラック盛り沢山!なのに入場無料!


東京の西の方、八王子市みなみ野に、日野自動車の博物館『日野オートプラザ』があります。

トラック大好きな息子達はヨダレを垂らしながら『タアック!タアック!』の連呼です。

日野オートプラザは車好きの超穴場。

こんな施設が入場無料なのにガラ空きなのです。雨が降ったときにいく場所がなくて困ったときなどにもオススメです。
皆さん是非行ってみましょう!

スポンサーリンク

トラックがお出迎え


エントランスの前にトラック達が並んでます。
バスには乗り込んで内部構造がスケルトンで丸見え。

大量のミニチュアの展示


エレベーターをあがってすぐにトミカタウンが。
覗きこんでます。

その他に日野自動車のミニチュアが大量に展示されています。

日野自動車の歴史を学べる

ミニチュア達の展示のそばには日野自動車の創業からの歴史が。

土曜日のお昼でこんな人が写り込まない写真が撮れてしまいます。

こんな良い施設がもったいないので車好きなお子様を連れて行ってみて下さい。

暴れる双子を連れながら歴史の勉強は出来ませんでしたが、そこを抜けると巨大な吹き抜け展示場が眼前に拡がります!

スロープを降りる間も歴史を学べます。
日野自動車の歴史の全てここに!
自分は読む余裕がありませんでしたが。。。

スロープを降りると歴史的な実車達の展示


ISUZUもそうでしたが、トラックの生産中心と思っていた日野自動車は乗用車も生産していた歴史を知ることができました。

現在のバスの原型となった『ボンネットバスBH15』

レトロなバスに乗り込むことが出来ます。

運転体験も。
残念ながら、画面の映像とハンドルの操作は連携してません。

併設の軽食レストラン、カフェシャノンが安い!

展示場の途中には併設の軽食レストラン『カフェシャノン』があります。

カレーやパスタなど、簡単な食事ができますが、中々お安いお値段で良心的。
4人で子供はドリンクセットにしたのに計1560円!
(息子達は2人でエビピラフ一人前ですが)

展示場で利益を出すつもりがなさそうな心意気に惚れてしまいそうです。

カフェシャノンで食事をすると、お子様にトラックの塗り絵が配られます。最高です。大盛り上がり。

営業日に注意

日野オートプラザは日曜日がお休みです。
平日、土曜日は基本的に開館しているようですが、公式サイト内の開館カレンダーを確認してからお出掛け下さい。

日野オートプラザ | 企業情報 | 日野自動車株式会社
日野オートプラザを紹介いたします。日野自動車株式会社はお客様と社会に価値を創造し、必要とされる存在であるために、挑戦を続けます。

所在地

東京都八王子市みなみ野5丁目28番5号
日野自動車21世紀センター
TEL:042-637-6600

車でないと少々行きづらいのが残念なところ。

バスであれば、八王子みなみ野駅よりバスにて
(京王バス②番乗り場の
「みなみ野循環」にて午前回り9分、
午後回り5分の「みなみ野五丁目南」停留所より徒歩5分)

JR『八王子駅』、京王線『めじろ台駅』からはタクシーで15分程度です。

何度も行きたい日野オートプラザ


妻が足しげく通う日野オートプラザ。
土曜日でもあまり混雑もなく、平日はかなり空いています。

我が家は息子達が騒がしいのでありがたい状況ではありますが、素晴らしい施設なのに勿体なくも思います。
この記事を読んで頂いた方には是非一度立ち寄って頂きたい施設です。

同じくトラック製造のトップメーカーISUZUにも『ISUZU PLAZA』という展示場があります。

こちらは体験ゾーンがとても充実していて入場も無料。是非行って頂きたい施設です。

いすゞプラザ(ISUZU PLAZA)に行ってみたら無料なのにクオリティが高すぎた。
トラックに始まりトラックに終わる。ISUZUPLAZAは車好きにはたまらない夢の博物館でした。しかも無料。

以上、トラックの博物館『日野オートプラザ』が圧倒的にトラック盛り沢山!なのに入場無料!というご紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました