中古住宅をDIYリフォーム キッチンパネルを貼ろう。第1段

こんばんは。イチカワブンタです。

前回キッチンの下地が出来たので、キッチンパネルを貼っていきます。


ここの給湯器のリモコンがぶら下がってる面に貼っていきます。(穴空いてる写真しかなかったんですが、実際は塞いだあと。)

3×8サイズ(2450mm×935mm)のアイカセラールのキッチンパネルを2枚買ってきました。

カインズホームでは3×6サイズと3×8サイズが売ってましたが、最終的には3×8を2枚一欠片も残さず使い切りました。

スポンサーリンク

キッチンパネルのカット

我が家の天高が2400なので、5センチカット。

電ノコでカットすればあっちゅうまに終わったんでしょうが、電ノコを使いなれてなかったのと、切り屑が出るのが嫌で、アクリルカッターを買ってきました。

オルファ(OLFA) PカッターS型 204B
オルファ(OLFA)
¥ 305(2019/05/22 19:53時点)

アクリルカッターで何度も何度も線に沿ってガリガリ。

ちょっと長すぎて納まらなかったので、ヤスリでゴリゴリ。

給湯器のリモコンを外して、キッチンパネル側にリモコン配線用の穴を位置合わせしてホルソーで開けます。


ここ以外ホルソーは登場しないので安いのを買いましょう。
カインズホームで500円位のがオススメです。

インパクトドライバー用かドリルドライバー用かお間違い無きよう。
差し込みが六角だとインパクトで使えます。

両面テープと接着剤の塗布

キッチンパネルの接着面にキッチンパネル用の両面テープを貼りつけ。

アイカセラールのパネル用接着剤を塗布。パネル1枚辺り300ml入りの接着剤一本使い切るくらいが目安。

両面テープを太い線のように貼り、その間の細い線のように接着剤を塗布していきます。


キッチンパネル右側へ見切り材を付ける。

一生懸命持ち上げて貼りつけ!

給湯器のリモコンの配線があるので、配線に接着剤が付かないように、貼りつけのギリギリ手前でストップして、片手でパネルを支えつつ右手で配線を掴んで開けておいた穴に入れ込む。

疲れる!しかしやらねばならぬ。と四苦八苦しながら施工。

完成!

無事設置出来ました!

傷防止フィルムが付いてますが、まだ埃が飛ぶのでそのままにしておきます。
パネル一枚でもキレイに貼れると随分と気分がいいものです。

ちなみにこの工程を一人でやりきりましたが、お風呂のリフォームの打ち合わせで来ていたリフォーム業者さんは

「そのサイズは一人でやるとパネルが割れちゃうから誰かに手伝ってもらうといいよ」

と言って帰っていったので、おじさん手伝ってよ。という思いは少しあったのですが、とりあえず一人施工はオススメしません!

辛いから。

キッチンパネルの次は換気扇です!

システムキッチン用の換気扇を一人で取り付ける方法
システムキッチン用の換気扇を一人で取り付けてみました。実際一人だと辛いですが、案外いけた!