お笑い養成所一覧の学費と特徴を比較してみました。

芸人と就職

お笑いを始めるなら養成所に入るのが昨今の主流な方法ですが、各社のお笑い養成所を比較できるように、学費、出身芸人、特徴をまとめてみました。

スポンサーリンク

NSC(吉本興業)

  • 学費
  • 入学金:108,000円(税込)
    授業料:324,000円( 税込)
    傷害保険料:5,000円(非課税)
    43万7000円

  • 所属芸人
  • ダウンタウン、フットボールアワー、チョコレートプラネット、アイパー滝沢、他多数

  • 通学期間
  • 4月から一年間。

  • 特徴
  • 卒業時、自動的に「よしもとクリエイティブエージェンシー」に所属ができる。
    講師はそれなりに名が通っている人が多い。

    売れるまではゴミ扱いされる。

NSCの学費はいくらかかるのか。吉本興業の養成所の合格基準と年間の授業料総額とは。
NSCに入学すると年間でいくらかかるのか。合格の基準は?素朴な疑問に元芸人がお答えします。

松竹芸能タレントスクール(松竹芸能)

  • 学費
  • 入学金 100,000円(税抜)
    授業料 250,000円(税抜)

    350,000円

  • 所属芸人
  • 笑福亭鶴瓶、ますだおかだ、安田大サーカス、他多数。

  • 通学期間
  • 4月から一年間。

  • 特徴
  • 東京校、大阪校がある。
    授業は隔週の週2。

    東京校は授業が土日(隔週)なので、サラリーマンでもチャレンジ出来るのは熱い。

    学費は安いけれども、隔週の週2なので密度は薄い。

松竹芸能タレントスクール |松竹芸能株式会社
このサイトは松竹芸能株式会社、イベント相談、松竹芸能角座、松竹芸能タレントスクールの公式サイトです。

スクールJCA(人力舎)

  • 学費
  • 600,000円(税込)

  • 所属芸人
  • おぎやはぎ、アンタッチャブル、東京03、アンジャッシュ、ドランクドラゴン、他

  • 通学期間
  • 5月から一年間。

  • 特徴
  • 規模に比べて有能な芸人さんが多い印象。
    人力舎に所属するには卒業検定での合格が必要。

    おぎやはぎさんが、過剰な上下関係を嫌っており、NSCよりは先輩とフレンドリーに対話が出来る環境だが、事務所外で芸人人口が最も多い吉本芸人との礼儀に対する考え方には差があるので、事務所外では気を付ける方がよい。

マセキタレントゼミナール(マセキ芸能)

  • 学費
  • 入会費¥35,000、授業料¥63,000

    98,000円

  • 所属芸人
  • ウッチャンナンチャン、出川哲朗、バカリズム、ナイツ、三四郎、いとうあさこ

  • 通学期間
  • 前期:4月から6月の3ヶ月。
    後期:10月~12月の3ヶ月。

  • 特徴
  • 短期間なので格安。授業は週一度。

    事務所への所属方法は

    「プロとしての可能性を認められた場合、マセキ芸能社所属タレントとしてデビュー。」

    とのことで少々曖昧なので、腕に自信があるなら格安で所属出来るかもしれない。

マセキ芸能社 MASEKI GEINOSHA Official Site
$VcPageDescription マセキ芸能社$

太田プロ

  • 学費
  • 入学金       30,000円(税抜)
    年間授業料     300,000円(税抜)
    プロフィール写真代 10,000円(税抜)
    374,000円
    公式ページの記載が足算が合わない。
    総計が正しい支払い金額と思われます。

  • 所属芸人
  • 有吉弘之、劇団ひとり、土田晃之、他

  • 通学期間
  • 4月から一年間。

  • 特徴
  • 卒業後には半年間は仮所属、その後審査に通れば正式所属できる。

太田プロエンターテインメントカレッジ
即戦力になるプロのお笑い芸人、バラエティタレントを育成するために、1年間完結での厳選したカリキュラムに基づくレッスンを受けながら、ライブ実習・番組体験出演で実践を学びます。

ホリプロ笑売塾(ホリプロコム)

  • 学費
  • 入学金100,000円(消費税別)
    授業料年額320,000円(消費税別)

    420,000円

  • 所属芸人
  • 渡辺正行、さまぁ~ず、つぶやきシロー

  • 通学期間
  • 4月から一年間。

  • 特徴
  • 卒業時、優勝者はホリプロコムとの専属契約ができる。
    優勝出来なかったらどうするんかな。

ワタナベコメディスクール(ワタナベエンターテイメント)

  • 学費
  • 入学時期は一緒でもさまざまなコースがある。
    お笑い芸人プロフェッショナル···週4回15時間
    1320,000円。
    お笑い芸人総合···週3回8時間
    720,000円
    お笑い芸人土曜コース
    お笑い芸人日曜コース
    610,000円

  • 所属芸人
  • あばれる君、ハライチ、イモトアヤコ、四千頭身

  • 通学期間
  • 4月生: 4月から一年間。
    10月生:10月から一年間。

  • 特徴
  • 結構学費がお高い印象。

    ただ、ワタナベエンターテイメントはオーディションを盛んに行っているので、オーディションで好成績を残せばそのまま所属や、養成所の学費免除などの特典がもらえます。

    半期入学があると先輩後輩がややこしいかも。

ワタナベコメディスクール
ワタナベコメディスクールは、エンターテイメント界に熱い志を持ったお笑い芸人や放送作家を輩出し続けています。 お笑い・バラエティの世界のプロが集結し、学ぶだけでない、業界で活躍できる人材の育成を実現します。

サンミュージックアカデミー(サンミュージック)

  • 学費
  • 入学金200,000円(税抜)
    授業料年額200,000円(税抜)

    400,000円

  • 所属芸人
  • カンニング竹山、メイプル超合金、小島よしお、ベッキー、他

  • 通学期間
  • 5月から一年間。
    11月から一年間。

  • 特徴
  • 一発屋製造工場と呼ばれながら、一発ではなかなか消えない芸人が多い謎の事務所。
    女優さんの所属も多いので楽しいかも。

スポンサーリンク

どのお笑い養成所がオススメなのか

養成所を選ぶ際に考えるべきは、

  1. 養成所の学費
  2. 出身の先輩芸人
  3. 卒業後に出演しやすい場はあるのか
  4. 事務所所属後の給与は

などがあると思いますが、売れるかどうかは結局本人の努力と才能と運次第です。

吉本だけは段違いに給料が安いのは確か。

最大手NSCを選ぶべき?

最も人口が多く、授業料の割に他養成所より中身が充実している気はします。

相方探しの所から始めるならNSCが一番かもしれません。

人数が多いだけあって、NSC内、よしもとの若手芸人内での競争が激しいのがデメリットとも言えるし、ライバルが多い中で頑張る方が成長しやすい環境とも言えるかもしれません。

残念ながら、規模が大きいだけあって、全く実力のない若手構成作家が若手芸人のネタを見る環境があり、才能を大きく花開くまでに無駄な時間を過ごす可能性もあります。
チョコプラが良い例。

卒業生を全員受け入れてくれるのは、どうしても芸人になりたい人間にとってはありがたいですね。
給料は0円ですが。

お笑い養成所は授業の密度だけで決めてはいけない

結局の所、

  • 自分が作ったネタをより良くする為のアドバイスをもらう
  • 自分が面白い事を認めてもらう
  • 事務所に所属する為の手段
  • 発声練習

が養成所に行く側の目的であって、表現やダンスや演技の授業なんてクソ役にも立たない訳です。

ネタを思い付く経験の一つにはなるかもしれませんが。

そう考えると、週一程度で重要な授業だけが凝縮され、他の時間はネタ作りとアルバイトに励む方が効率的かもしれませんね。

特に、コンビの状態で入学するなら特に。

お笑い養成所のまとめ

はっきり言って、どの芸人養成所に行っても人生を無駄に消費するだけ。
行くのはオススメしません。
(こんだけ紹介しといて辛辣ですみません)

でも、お笑いに人生かけられる稀有な人は行ってみてもいいかもしれません。
人生の中で好きな事に本気で打ち込む時間があっても良いと思います。
職業として成立させられたら最高ですね。

ただし、才能の無さに気がついてしまったり、情熱が尽きてしまったのなら、潔くスパッと辞めてサラリーマンになることも強くオススメ致します。

面白くない芸人が芸人であり続けるのは誰も得しません。

32歳フリーターがホワイト企業に就職した具体的方法。dodaで就活した話。
30過ぎたフリーターでもホワイト企業に就職できた! フリーターを脱却するために僕がどう就活を進めたのか紹介します。

以上、『お笑い養成所一覧の学費と特徴を比較してみました。』でした。

タイトルとURLをコピーしました