32歳フリーターだった僕でもホワイト企業に就職できた。dodaを使った具体的な就活方法とは。

芸人と就職

僕はいつか売れると思い続けて32歳まで芸人を続けてしまい、気がついたときには結構なオッサン。人生の窮地に立たされていました。

32歳フリーターが就職したいと思っても誰が相手にするでしょう。

そんな僕ですが、あれから数年。今ではホワイト企業で部下も出来、安定の日々を過ごしています。就職後2年で結婚して家のローンも組めました。

「そろそろ彼女と結婚したい。本気で就職しないとヤバいかも。」
「いつまでに就職すればいいのかな。実はもうヤバいのかな」

そんなちょっとした不安を持ちながらフリーターや無職を続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

30歳を過ぎて本格的に就活を始める決断した方、まだ20代でも就職に不安がある方には、僕の具体的な就活方法がきっと参考になると思います。

スポンサーリンク

フリーターからの就職のはじめ方。ホワイト企業に就職しよう。

昨今の就活はdodaやリクルート等の就職斡旋サービスを通すのが一般的です。

実際僕はdodaのおかげでホワイト企業に就職できたので、dodaを中心に話を進めていきます。

昨今の就活は就職斡旋サービスへ登録してからがスタートといっても過言ではありません。
大きな会社だと特に、採用活動の募集で人を集めるの部分をほぼ就職斡旋会社に委託している状況です。

dodaやリクルートでは、会員登録だけで終わりでなく、転職エージェントサービスにも登録する必要があります。

dodaのエージェントサービスは全体的なサポートや非公開求人の紹介、履歴書の書き方から面談の練習まで付き合ってくれます。
僕の担当者は凄く力になる応援をしてくれたので、今だに感謝です。

しかも全部無料。
登録しておいたほうがいい会社に早く就職が決まるのは間違いありません。

特に非公開求人の紹介が重要で、通常のネット検索では探せない案件を適正に合わせてエージェントが紹介してくれます。

就職活動の準備として、dodaかリクルートのエージェントサービスどちらか、もしくはどちらも登録は済ませておくと良いと思います。

登録してから就職がスタートするようなものなので。

就職斡旋サービスはなぜ無料なのか

dodaをはじめとした各就職サービスは至れり尽くせりなのに、何故かどこも無料。

それはなぜなのか。

就職斡旋サービスが何故無料かというと、就職斡旋サービスはどこでも企業側がお金を払っていい人材を探してもらう為のものだからです。
就職活動者がお金を取られることは基本的にありません。

ハローワークで紹介しているような、ブラック臭が強い案件はdodaではあまり見当たりません。

企業側としても、dodaやリクルートなどの大手就職斡旋サービスを使うにはそれなりの金額の報酬が発生するため、資金が潤沢にある優良企業が多い為だと思います。

就職が成功した人の予定年収の30%程度の報酬が就職斡旋サービスに発生するようです。

ハローワークに出ている就職案件は広告費がかからないので、doda等の大手就職斡旋会社と比べるとブラック案件が多めのようです。

書類審査を回避する!フリーターは就職説明会から参加してみよう!


転職サイトの中には当然書類審査から始まるものもあれば、説明会から始まるものもあり、面談から始まるものもあります。(実際は殆ど書類審査から)

フリーターや無職の就職活動で最も壁が高いのは書類審査です。

経歴を紙だけで見られる書類審査では、フリーターや無職は圧倒的に不利になります。

ではどうしたら審査を通るのか。
その方法は簡単です。
書類審査がない就職活動をすることです。

実際に僕が就職活動の中で書類審査を出した会社からはお断りのお祈りのメールが来ただけでした。

dodaで取り扱う募集案件の中には、まずは説明会に参加してからエントリーとしている企業もあります。
そして実際に僕はこの形の企業説明会に参加して就職が決まりました。

書類審査で落とされるのはフリーターや無職を続けてきた以上は仕方がないことです。

新卒や第二新卒、転職組の履歴書と比べれば当然見劣りがします。

前職無しは、まずは人間性や才能の面で他の転職組と比べて能力が劣っていない事をアピールできる場に出ることが重要なのです。

説明会からスタートする形のいいところは、説明会への参加自体は非常にハードルが低いこと。

そして、頑張れば説明会の中で企業の人事担当にアピールすることも出来ます。

たかが説明会と思って気を抜くなかれ!

僕の場合は、

  • まず一番最初に説明会会場に着く。
  • 一番前のど真ん中で、人事様の企業説明にうなずきまくり。
  • そして最後に配られた、「これは採用への判断基準にはしませんが、良かったら書いていってね」というアンケート。
    周りが5分で書き終えて出ていく中、僕は30分かけて枠に納まらん程の企業への情熱を書きまくり。
    最後に「ありがとうございました!」と言って退室。

ここまでやりました。

その後、dodaエージェントから電話があり、「一次面接来てみませんかって言ってますよ」と言われ、三次面接まで2カ月程掛けて進み、採用されました。

僕の場合は結局この企業以外は一次面接にも進めませんでした。大手にしかエントリーしてなかった時期だったからでもありますが。

エージェントサービスもバックアップはしてくれますが、最終的には自分の努力で就職を勝ち取る必要があります。

小さな努力、気遣いの積み重ねで他の就活者と差をつけましょう。

説明会に参加出来るかどうかは担当エージェントによる場合もあるので、仲良くなっておいてねじ込んでもらいましょう。
dodaの公式ページはこちらから

フリーターが就職活動で面接に呼ばれたら

実はフリーターや元芸人や元バンドマンは、面接にたどり着くのが一番の難関。

書類選考に通れば勝利は目前です。

就職の動機や、自分の将来ビジョン、何故この年齢までフラフラしていたのか。その年齢まで何を頑張ってきたのか。
きっと聞かれるであろう項目は返答できるように事前に完璧にしておきましょう。

余裕があれば、真面目に会話しつつ、笑いが取れれば最高。
結局面接してくれるのも一人の人間なので、「こいつと一緒に働くと楽しそうだな」と思ってもらうのはスゴく重要です。

むしろ、そういう部分での強み以外、当時の僕には何もなかったので、「去年は年収2円でした」みたいなエピソードで小笑いをとってました。

僕は面接では挨拶と笑顔が一番重要だと思います。
経歴は見た上で呼ばれているんです。
面接が楽しい雰囲気になれば勝ったようなもの。

面接をすると、最後にそちらから何かありますか?と聞かれると思いますが、就職への情熱など、何かしら絶対に回答しましょう。

前歴の無いフリーターが、ちゃんとした社会人の転職者の方々相手に、明るさと情熱だけで勝ち進まなければならないことをお忘れなく。

フリーターは面接をどう戦うべきか

第1ステップ 清潔感のある格好で面接に向かう


見た目というのは、第一印象の9割を占めると言われています。

外見で内面までも想像されてしまい、第一印象が決定付けられてしまうわけです。

であれば、徹底的にプラスの印象へ持っていきましょう!

  • 髪の毛はまとまっているか
  • 靴はボロくないか。磨いてあるか。
  • ネクタイにシワがないか。
  • ワイシャツにシワがないか。ワイシャツのサイズは合っているか。

靴がボロければ買いましょう。
せっかくなら、防水のビジネスシューズの方が快適でオススメです。この先ずっと使うものなので、良いものを買っておきましょう。

個人的にはアシックスのrunwalkがオススメです。


ワイシャツのサイズが合ってないと一見でだらしない印象を与えてしまいます。

安くてもジャストサイズのものを選びましょう。
オーダーワイシャツは思ったより安くて圧倒的にカッコイイです。

第2ステップ 明るく軽やかな挨拶で空気を変えよう

フリーターや無職歴が長いと、余計に厳しい目で見られがちです。

「おはようございます!よろしくお願いします!」と明るく軽やかな挨拶で面接官に
「この子良さげかも」
と印象付けましょう。

見た目と同じく、一番最初の印象の良し悪しは面談中もずっと影響を与えてしまいます。

第3ステップ コミュニケーションのやり取りで印象付ける

面接の最終目標は
「この人となら一緒に働きたい」
と思わせること。

「この子は真面目だなあ」
では甘いのです。

真面目という印象付けでも採用してもらえる場合もあるでしょうが、面接という短時間の間に『初めて会った人』から『今後一緒に働いていきたい』という印象まで持っていければ、面接で落とされる可能性は格段に減らすことが出来ます。

そして、「この人となら一緒に働きたい」と思わせるためには、面接中に採用担当者と良質なコミュニケーションをとることが重要です。

それでは良質なコミュニケーションとは、一体なんなのか。

採用担当者を笑顔にさせよう!

どんな人であっても、楽しい時間の方が好きに決まっています。

笑いというのは、人と人が打ち解けるきっかけになるのです。

お笑いのネタをやれとは言いませんが、面接での話の流れに沿って引き出せる小話を用意しておくと、楽しく円滑な面談にすることができるでしょう。

とはいえ、笑いを取ること自体が不得意な場合もあるかと思います。

そんな方は、とびっきりの笑顔で面接に挑みましょう。
緊張でこわばった無理のある笑顔ではなく、自然体の笑顔が出せるといいですね。

ペンシルベニア州立大学での研究では、笑顔でいると周りの人に好感を与え、親切に見えるだけではなく能力がある人に映るという研究結果もでました。見せかけかもしれませんが、笑顔でいるだけで能力を高く装えるのであれば儲けもんです。

フリーターは具体的な就職への決意を語るべし!

面接をしている採用担当者からすれば、最も最悪な結末は採用した挙げ句の採用者のバックレです。

企業の採用活動とは大きなお金が発生します。

具体的に言うと、採用者の予定年収の約30%の金額が、dodaやリクルートなどの就職斡旋会社に支払われると言われています。
年収500万に人材であれば、採用に150万円の費用が発生しているということです。

そんな大金を使って、『仕事が合わなかった』などという理由で採用したそばから退職されてしまうと、費用面の損失に加えて、採用を決めた担当者自体の評価にも関わります。

「こいつを採用したら、辞める危険はないだろう」と思わせることも重要です。

具体的な例でいえば、僕の場合は結婚でした。

後々採用を決めてくれた役員の方と話をしたとき、「結婚するって理由での就職というのが決め手だったよ」と話してくれました。

明確な理由がある方が採用に傾きやすいようなので、どんな理由で就活しているのかを説明出来るようにしましょう。

上記の面接の重視すべきポイントは、僕の成功体験による主観も含まれています。

まずは優良な転職サービスに登録し、転職エージェントと話をすれば、就職のプロとしてのもっと具体的なアドバイス、指針を示してくれるはずです。

まずはエージェントサービスに登録しよう!


就活を始める決意が出来たなら、まずはエージェントサービスに登録しましょう。
間違いなく優良な会社に早く就職する手助けになってくれます。

タダで使えて就活が有利になるものなら使い倒した方が絶対特です。

実はエージェントサービスを利用しないならdodaにも登録する意味はあまりありません。
ただの就職先の検索サービスです。

登録にはdodaへの会員登録した上でエージェントサービスの登録をする必要があります。

エージェントの方々は、登録したと同時にものすごい勢いで就職の為に動き出してくれます。

何故なら僕らの就職が決まるとdodaには企業から報酬が入るからです。

エージェントは就職のプロ。
企業と就活者両側に適切な職場を案内してくれます。
だから無謀過ぎるチャレンジも案内されませんし、格下過ぎる内容を紹介されることもありません。

今までプータローやっていた僕らが分かったような顔をして名前だけで企業を選ぶよりも、ずっといい案件を紹介してくれます。

ただのプータローだった男にプロが無料で応援してくれるのはなんとも心強かったです。

担当についたら、電話面談や、直接個別で面談してくれたりするので、履歴書の書き方など色んなことに相談にのってくれます。

僕の時がたまたま当たりの担当だった可能性もありますが、クソプータローの立場に立って相談にのってくれていたと思います。

dodaは優良案件が多いのが一番のメリットですが、フリーターや既卒、第二新卒に特化したDYM転職もオススメです。

『まず転職サービスで無職やフリーターと伝えるのがしんどい』と壁を感じられる方は、元々無職フリーターを就職させる為のサービスを利用する方がストレスがないかもしれません。

履歴書の審査がなく、面接から始まるルートでの就活も斡旋してくれるため、経歴に自信がなくても人間性を伝えられます。

就職は上から狙おう!フリーターからホワイト企業就職へのコツ


せっかく就職するのであれば、待遇のいい有名でホワイトな企業に勤めたいに決まっています。

大企業になるにつれて、環境はホワイトで待遇もよく、辛い仕事も少なくなっていく傾向が強いです。

「30までフラフラしていた俺なんかが。」なんてマイナス思考でなんとなく受け入れてくれそうな会社を選ぶのではなく、最初は入れたら嬉しい企業に履歴書を送ってみましょう。

多分お断りのお祈りメールが送られてきてしまうと思いますが、断られて当たり前です。
なんてったって元フリーターですから。

へこたれずに、まずは就活の経験を積む上でも入りたい企業にエントリーしてみましょう!
面接に進めたら儲けもんです。

自分がどれくらいの企業から相手にされるのかも分からないと思うので、徐々にランクを下げていけば、自分にベストな企業が探せるのではと思います。

時間がなく早急に就職する必要がある方や、どんな会社に入るべきかわからない方は、いきなりdodaエージェントに登録して相談しましょう。

世間から見た自分の立ち位置を正しく判断して案件を紹介してくれると思うので、より良い会社と出会えるかもしれません。

フリーターからホワイト企業への就職まとめ

理想的には、今から始める就活で定年まで勤められる企業に一発で採用されるのが一番ですが、状況により難しい場合もあるかもしれません。

まずは職歴を作る為に、自分の理想ではない会社であっても就職してみることを考えなければならないかもしれません。

無職やフリーターからの就活はなかなか難しいのは当たり前。
その中で、明るさと真面目さと情熱を持って挑めばきっと立派なサラリーマンになれるはずです。

これから就職活動を始めてみるという皆様。
道は当然普通より険しいです。

ただ、僕の経験では、フリーターよりも圧倒的に正社員の方が楽しいですよ!

苦しい状況もあるかもしれませんが、へこたれずに頑張って下さい!

僕就職した32歳という年齢は、本当にギリギリでした。(実際の就業開始は33歳)

もっと早く就活すれば、社会人経験としても、金銭的(今だに全然貯金がない)にももっと有利だったなあ。とたまに後悔することがあります。

32歳の就職でも親は相当喜んでくれましたが、もっと早く安心させてあげれば良かった。

転職エージェントは就職させるプロです。
登録するとものすごいスピード感で動き出してくれます。

就職させるプロが無料で本気で力を貸してくれるのは、人材募集をしている企業側から報酬が発生するからですが、就職活動する側からすると本当にありがたいシステムです。

エージェントの力を借りて少しでも良い会社に入れるならとことん利用しましょう。

僕の就職した33歳という年齢は、真っ当な企業へ就職するには本当にギリギリだと思います。
実際はたまたま僕が運が良かったのかもしれません。

この記事を読んでもしもやる気になってくれる方がいらっしゃれば幸いです。

夢を諦める年齢を決めておく

今も夢を追われている最中の方へは、夢を追い続けるための上限の年齢を決めておくことをお勧めします。

僕自身は32歳で就職活動を始め33歳で就職しましたが、実感としては32歳での就活というのは相当ギリギリで、ホワイト企業に就職できたのは奇跡と言っても過言ではないと思います。(給料は安い)

あくまで僕の実感ですが 35歳を過ぎてしまうとフリーターや無職からの脱却は相当難しくなるということ。

現実的に言えば、職歴が無い場合は
26歳から29歳の間には自分がやりたいことを一旦諦め、就職しながらその活動を続けられるような考え方を持つべきだと思います。

フリーターを続けるのは 長くても30歳までにしておきましょう。

そして30歳迄に限らず、可能な限り早いうちに就職活動をすれば、より良い就職先に内定することができる確率は確実に上がって行きます。

無職やフリーターから就職するための決意が早ければ早いほど良い条件の会社に就職することができるということです。

夢もなくフリーターを続けている方は、今すぐに就職しましょう!

以上、『32歳フリーターがホワイト企業に就職した具体的方法。』でした。

タイトルとURLをコピーしました