32歳フリーターがホワイト企業に就職した具体的方法。

僕はいつか売れると思い続けて32歳まで芸人を続けてしまい、気がついたときには結構なオッサン。人生の窮地に立たされていました。
32歳フリーターが就職したいと思っても誰が相手にするでしょう。

そんな僕ですが、あれから約5年。今ではホワイト企業で部下も出来、安定の日々を過ごしています。結婚して家のローンも組めました。

30歳を過ぎて本格的に就活を決断した方、まだ若いけれどもオッサンになってからの就職が不安な方には僕の具体的な就活方法がきっと参考になると思います。

まずは就職支援サービスに登録しよう!

昨今の就活はdodaやリクルート等を通すのが一般的です。
実際僕はdodaでホワイト企業に就職しました。

dodaのエージェントサービスなんかは就職活動を全面にフォローをしてくれるのに無料。
絶対登録しときましょう。

就職斡旋サービスが何故無料かというと、就職斡旋サービスはどこでも企業側がお金を払っていい人材を探してもらう為のものだからです。
就職活動者がお金を取られることは基本的にありません。

ちなみに僕は、実際にdodaのフォローで就職が決まったのでdoda推しです。

doda

ハローワークで紹介しているような、ブラック臭が強い案件がdodaなどであまり見当たらないのは、大手就職斡旋サービスを使うことは、それなりの金額の報酬が発生するため、資金が潤沢にある優良企業相手が多い為だと思います。

噂では、就職が成功した人の予定年収の30%程度の報酬が発生するようです。

ハローワークに出ている就職案件は、社員募集の広告費をケチっているか、さほど能力を必要とされてない職種が多いです。
doda等の大手就職斡旋会社と比べるとブラック案件が多めのようです。

就職は上から狙え!


せっかく就職するのであれば、待遇のいい有名でホワイトな企業に勤めたいに決まっています。
大企業になるにつれて、環境はホワイトで待遇もよく、辛い仕事も少なくなっていく傾向が強いです。

「30までフラフラしていた俺なんかが」なんてマイナス思考で、なんとなく受け入れてくれそうな会社を選ぶのではなく、最初は入れたら嬉しい企業に履歴書を送ってみましょう。

大概はお断りのお祈りメールが送られてきてしまうと思いますが、断られて当たり前です。元フリーターですから。
へこたれずに、まずは就活の経験を積む上でも入りたい企業にエントリーしてみましょう!面接に進めたら儲けもんです。

自分がどれくらいの企業から相手にされるのかも分からないと思うので、徐々にランクを下げていけば、自分にベストな企業が探せるのではと思います。

時間がなく早急に就職する必要がある方や、いきなりdodaエージェントに登録して相談した方が、他人から見た自分の立ち位置を判断して案件を紹介してくれると思うので手間がないかもしれません。

説明会から参加してみよう!

dodaで取り扱う募集案件の中には、まずは説明会に参加してからのエントリーとしている企業もあります。
実は僕はこの形の企業説明会に参加して就職が決まりました。

説明会からスタートする形のいいところは、説明会への参加自体は非常にハードルが低いこと。

そして、頑張れば説明会の中で企業の人事担当にアピールすることも出来ます。

僕の場合は、まず一番最初に会場に着く。
一番前のど真ん中で、人事様の企業説明にうなずきまくり。
そして最後に配られた、「これは採用への判断基準にはしませんが、良かったら書いていってね」というアンケート。
周りが5分で書き終えて出ていく中、僕は30分かけて枠に納まらん程の情熱を書きまくり。
最後に「ありがとうございました!」と言って退室。

ここまでやりました。

その後、dodaエージェントから電話があり、「一次面接来てみませんかって言ってますよ」と言われ、三次面接まで2カ月程掛けて進み、採用されました。

僕の場合は結局この企業以外は一次面接にも進めませんでした。大手にしかエントリーしてなかった時期だったからでもありますが。
doda

dodaのエージェントサービスに登録しよう!


エージェントサービスは絶対に登録しましょう。
エージェントサービスを利用しないならdodaにも登録する意味がありません。
登録にはdodaへの会員登録した上でエージェントサービスの登録をする必要があります。
もちろん無料です。

エージェントの方々は、登録したと同時にものすごい勢いで就職の為に動き出してくれます。

何故なら僕らの就職が決まるとエージェントには企業から報酬が入るからです。

とはいえ、エージェントは就職のプロ。
今までプータローやっていた僕らが分かったような顔をして企業を選ぶよりも、ずっといい案件を紹介してくれます。

ただのプータローだった男にプロが無料で応援してくれるのはなんとも心強かったです。

担当についたら、電話面談や、直接個別で面談してくれたりするので、履歴書の書き方など色んなことに相談にのってくれます。
僕の時がたまたま当たりの担当だった可能性もありますが、クソプータローの立場に立って相談にのってくれていたと思います。

dodaは優良案件が多いのが一番のメリットですが、フリーターや既卒、第二新卒に特化したDYM転職もオススメです。

『まず転職サービスで無職やフリーターと伝えるのがしんどい』と壁を感じられる方は、元々無職フリーターを就職させる為のサービスを利用する方がストレスがないかもしれません。

履歴書の審査がなく、面接から始まるルートで斡旋してくれるため、経歴に自信がなくても人間性を伝えられます。

面接に呼ばれたら

実はフリーターや元芸人や元バンドマンは、面接にたどり着くのが一番の難関。
書類選考に通れば勝利は目前です。

就職の動機や、自分の将来ビジョン、何故この年齢までフラフラしていたのか。きっと聞かれるであろう項目は返答できるように事前に完璧にしておきましょう。

余裕があれば、真面目に会話しつつ、笑いが取れれば最高。
結局面接してくれるのも一人の人間なので、「こいつと一緒に働くと楽しそうだ」と思ってもらうのはスゴく重要です。

むしろ、そういう部分での強み以外、当時の僕には何もなかったので、「去年は年収2円でした」みたいなエピソードで小笑いをとってました。

面接をすると、最後にそちらから何かありますか?と聞かれると思いますが、就職への情熱など、何かしら絶対に回答しましょう。

前歴の無いフリーターが、ちゃんとした社会人の転職者の方々相手に、明るさと情熱だけで勝ち進まなければならないことをお忘れなく。

絶対に無理な職種もある

当たり前かもしれませんが、エントリーしても無駄な職種も多々あります。
製品開発や研究職などのエンジニア系は、ちゃんとした前歴がある人のステップアップのための中途採用である場合が多く、前歴がない人の応募は絶対に落とされます。

営業職や設備管理などであれば、前歴不問の場合も多く、可能性が広がるので、募集要項を見て取捨選択しましょう。

まとめ

理想的には定年まで勤められる企業に一発で採用されるのが一番ですが、状況により難しい場合もあります。
まずは職歴を作る為に、自分の理想ではない会社であっても就職してみることを考えなければならないかもしれません。

無職やフリーターからの就活はなかなか難しいのは当たり前。
その中で、明るさと真面目さと情熱を持って挑めばきっと立派なサラリーマンになれるはずです。

これから就職活動を始めてみるという皆様。
道は当然普通より険しいです。
へこたれずに頑張って下さい!

フリーターから就職を成功させて正社員になる具体的な方法!30過ぎで就職を成功させた経験者が語る。
人生を救え! フリーターや無職だって正しく就活すれば正社員になれる!

以上、『32歳フリーターがホワイト企業に就職した具体的方法。』でした。

タイトルとURLをコピーしました