断熱ブラインドを付けてみたら省エネ効果が抜群!省エネの効果と取り付け方法

こんばんは。皆さん省エネしてますか?

住んでいる家が、しっかり外気との断熱がされていれば、エネルギー効率の高い、冷暖房のエネルギーを使わない省エネ住宅と言えます。

しかしながら、我々貧乏人はそんな高性能な家を買うお金がない。

古い中古住宅を買ったとき、その家の断熱効果を効果的に高める方法があります。

それは窓を変えること!

閉めきった家の外気と内気の熱交換は70%が窓で行われています。

今住んでいる家が一枚のガラス窓だったら、二重窓、三重窓に替えてしまいましょう!

家の窓総取っ替えするという条件で、国から補助金が出ます。上限15万円まで!

さあ一戸建ての全窓交換の見積りを取ってみましょう!

きっとゲンナリするでしょう。高すぎて。

そんなあなたに手頃でオシャレ、断熱効果抜群の代物を紹介します。

それは断熱ブラインド。

スポンサーリンク

断熱ブラインドってなに?

断熱ブラインドの一番の特長は、空気層を作って熱を遮断するところにあります。

ハニカム構造といって、蜂の巣を縦に繋げたのような見た目。

省エネに効果的!

断熱ブラインドというだけあって、外からの熱の流入、流出を遮断して断熱する効果があります。

見た目はシンプルなミニマルデザイン

断熱ブラインドの良いところの一つとして見た目の美しさがあります。

どうでしょうか。壁と面を合わせることでカーテンよりも見た目がスッキリ!

場所も取らないのでスペースもスッキリ!

ブラインドの特長としては、カーテンと違って上から下ろすので、写真のように半分下ろすと、外からの視線を遮りつつ外の景色と日射しを取り入れることができます。

遮光よりも光を透過するのを選ぶのがオススメ!

僕は遮光のブラインドより光を通すものをオススメします。

なぜかっていうと、見た目がキレイで暗くなりすぎない。リビングに付けたのですが、昼間にブラインドを閉めていてもちょうどいい明るさになります。

直日光が当たりまくりの部屋だったら遮光の方がいいかもしれませんね。

取り付けが楽々❗

びっくりするほど簡単です。

写真の部品をネジでうつ。これを3箇所。

本体を引っ掻けて押し込む。

完成。

インパクトをもっていれば5分で設置できます。



最後の写真のように 、ブラインドを閉じていても小さく収まるので邪魔になりません。

断熱効果はいかほどか。

2017年7月9日猛暑日 暖気遮断の検証

エアコンを27度設定にした室内の様子。

断熱ブラインドと窓の間を計測

2017年12月9日 冷気遮断の検証
室内でガスファンヒーター使用時の計測。
室内

ガラスとブラインドの間

夏も冬もブラインド一枚で結構な熱を遮断出来てるようです!

ちなみに計測に使用したタニタの湿度計は反応が早くてかなり優秀です。

ということで、断熱ブラインドは見た目と断熱を両立した結構な優れものなので超オススメです!

既製サイズの断熱ブラインドはお手頃なので、サイズが合えばお試ししてみてはどうでしょう。僕はサイズが合わず、楽天市場でオーダーメイドしました。窓2つ分で5万位したのでまあまあ高いですが、サイズが合わないと断熱出来ないですからね。

おしまい。

和室にブラインドがフィットするのかどうか、設置してみた記事はこちら。

断熱ブラインドは和室に合うのか。取り付けてみた。
和室に断熱ブラインドを取り付けてみました。果たして和室にフィットするのか。取り付け方も解説。
タイトルとURLをコピーしました