DIYで壁掛けテレビにしてみた!難しいのは下地探しだけ!

テレビが壊れました。

犯人は一歳になったばかりの息子ですが、テレビ台によじ登り、テレビと一緒に落下。

幸い息子は無傷で、憎たらしいほど元気ですが、テレビはこんなことに。

ガッデム!

双子の息子がいる我が家ではEテレがないと家事がままならないので、テレビは速攻で購入。

しかしながら、昨今の息子達はスルスルとテレビ台に上り、毎晩グワグワとテレビを揺らしまくる様子をみると、テレビ台に新しいテレビを置いたところで秒速で破壊されることでしょう。

ということで、購入したテレビは壁掛けにしてみることにしました。

スポンサーリンク

壁掛け用の金具の購入

色々と調べてみましたが、せっかく壁掛けにするのであれば、薄くないと意味がない。ということで、サンワサプライの薄型金具を購入。


金具の厚さが3センチというなかなかの薄さ。サンワサプライの製品であれば安心な気がします。

注文した翌日に届いたのがこちら。なかなかコンパクト。

テレビの背面へ取り付け

テレビ背面への取り付けは付属のネジのネジを使い、正面からみてはみ出さない位置でネジ止めする。

ちなみに購入したテレビは32型REGZA、32V31。破壊された以前のテレビがREGZAだったというだけの理由だけれども、以前の2011年製のものより大分額縁が薄くなっている。そして音がすごくクリアになった。

ただ、昔のよりグレードを下げたからか、厚さが増している。すごく残念。

壁へ固定金具の取り付け

ここで、ネジがしっかり打てる下地を探す必要があります。
石膏ボードにはネジが効きません

下地探しでは、まずは壁の内側の構造を想像しながら下地チェッカーでドスドス針を刺しまくります。

壁の中の構造は、縦に間柱、横に胴縁が走っていますが、(胴縁はない家もある)胴縁がちょうどいい高さにあればいいなあ。

とか思ってたら結構希望通りの場所に胴縁を発見!
マスキングテープの印が希望だったので、誤差が2センチ位。
胴縁は幅が4センチ位なので、場所を把握したらドリルで下穴を開けます。

一本目のビスを打ったら、水平器で水平をチェックしながら二本目を打つ。

ビスについては、製品についてるものはスパナで回して締めるネジで、何故か3本しか入ってなかったので、家に余っていた木ネジ6本で固定しました。

強めに引っ張ってもびくともしません!!!

壁へ取り付け

金具を引っ掛けるだけでしっかり固定されます。
超簡単!

下からピロピロしているヒモを引っ張るとロックを解除出来ます。

かなりの薄型金具だったが!


商品説明通り、かなりの薄型金具だったが、残念ながら、購入したREGZAが予想より分厚かったので、結構出っ張ってます。

32型~用の金具なので、32型テレビに使うと横から見ると金具がちょっと目立ちます。

スポンサーリンク

コンセントとアンテナジャックをどうするか!

今のコンセント位置では壁掛けにしても下のコンセントとアンテナジャックを使うしかないので、カッコ悪い。

配線があると息子達が引き抜いて引っ張り回すのは目に見えているので、コンセント位置をテレビの裏に変更しました。

電気工事士の資格がないと出来ない工事ですが、コンセント位置変更の記事です。

DIYで壁掛けテレビの裏にコンセントとアンテナジャックを増設してみた。
テレビを壁掛けにしたので、テレビ裏にコンセントとアンテナジャックを移設してみました。

ちなみに一年も経たずに今度はオモチャをぶん投げてテレビを壊されました。
壁掛けにしたらアクリルパネルでの防護をオススメします。

子供に液晶テレビを壊される前に。。。液晶テレビ保護パネルは子育てには必須アイテムだった!
またテレビが壊れた。 否!壊されたのである! 2回目であります。 犯人は玉のように可愛い息子な訳ですが。絶望と共に、35歳も年下の彼に数秒間憎しみの感情を持ってしまった私は人間失格なのかもしれない。 物にも寿命はあるとは...