DIYで壁掛けテレビの裏にコンセントとアンテナジャックを増設してみた。

テレビを壁掛けにしてみたけれども、壁にコンセントがない。

そのままでは今までの元のコンセントを使うしかないのですが、テレビから配線が垂れ下がっていたら、カッコ悪いし、一歳の息子達に見つかって秒殺されてしまうことでしょう。

ということで、壁にコンセントとアンテナジャックを作ってみました。
といっても、電気工事士でないと移設は出来ないので、資格を持ってない人は業者に依頼しましょう。
電気工事士資格があれば家のDIYが楽しくなる!2種電工の合格のコツとは。

DIYで壁掛けテレビにしてみた!難しいのは下地探しだけ!
テレビをDIYで壁掛けにしてみた。 予想以上に簡単な作業だったので、チャレンジしてみよう!
スポンサーリンク

まずは移設出来るかどうかの確認!

難しい例として
・外に面した壁の場合だと、断熱材が邪魔して難しい。

・余りにも離れている場所への移設は、間柱が邪魔して天井裏を経由しないといけないので、業者に依頼しましょう!

今回は近くのコンセントとアンテナジャックを移設しましたが、大きなポイントは新旧のコンセント位置の間に間柱が無いことの確認です。

間柱は45センチ間隔で立っているのが普通みたい。
自分の場合は、下の写真の図示したところに構造用の柱が右側に立っているので、そこから45センチは間柱はないはず。

スポンサーリンク

穴開け


せっかくなので、右の照明スイッチと位置を揃えます。
手で持っているのは、後付けで石膏ボードに固定できるコンセントボックス。
未来工業製。


ネジを締めると石膏ボードを挟んで固定できる。
ただ、残念なことに、このボックスにはパナソニックのアドバンスシリーズが取り付け出来ない。
コスモワイドシリーズなら問題なし。

石膏ボードはカッターでいけます。

いい感じに穴が開きました。

右下のアンテナジャックとコンセントを持ってくる。
アンテナジャックは移設、コンセントは増設。

準備するもの

コンセント増設用


電線3メートル、コンセントボックス、3口コンセント、ジョイントボックス。
このジョイントボックスは、結線が差込だけで3分岐できてしまう便利ボックス。

差込コネクターでも分岐できるけれども、差込コネクターは結線部をカバー型のジョイントボックスで囲む必要があります。

コンセントの裏に普通のジョイントボックスは設置が難しいので、3分岐のジョイントボックスが便利。

アンテナジャック増設用


F型コネクターが両端に付いた2mのアンテナ線、F型コネクタ同士の接続用端子。

通線

下のコンセントが2連のコンセントボックスで、取り外すと手が入ったので今回の通線はかなり楽でした。
(コンセントボックスは通常柱などに止めてありますが、そこのコンセントボックスは以前自分で後付タイプに変えていたので簡単に外せた)

空けた穴に電線とアンテナ線を入れて、下の穴から手を突っ込んで電線をつかむだけです。

結線

既存コンセント側の処理

アンテナ線はここで連結用の金具を使って連結しましょう。

電気配線については少しややこしい。

これはただの我が家の事情ですが、元々のコンセントから送り配線でドアホンに給電したいたものを、新しいコンセントにも給電しなければならない。

電源直結式ドアホンをDIYで取り付けた記録。受話器型インターホンからモニタ付き電源直結式ドアホンへの変更。
受話器型インターホンからパナソニックのドアホンへDIYで取り換えてみました。 思ったより簡単にできます!
ブレーカー→コンセント→ドアホン

これを

ブレーカー→コンセント&ドアホン&新設コンセント

にする。

こんな感じに変えます。

さっき用意したジョイントボックスで結線。

とてもきれいに3分岐できた。すばらしい!

新設コンセント結線

新設の部分にはアンテナジャック、一口コンセントを2つを移動して結線。

コンセントボックスは2本のビスを締めていくだけで固定出来る。

コンセントカバーを取り付けて完成!

コンセントを増設してみた結果

これで完全にテレビが壁に付いてるだけの状態になりました。

これで息子達にテレビを壊される心配はなくなったし、テレビ台も撤去できてスッキリしました。
作業時間は三時間位でした。


あれ、届くんだね。。。

こちらはエアコン用コンセントを100V→200Vにしてみた記録。

エアコン用のコンセントを100vから200vに配線そのままで変えてみる。DIYの工事手順の紹介。
実は100Vコンセントを200Vに替えるのは意外と簡単!自宅で行った変更作業の手順を紹介します!