中古住宅を住宅ローンで購入したら毎月3万円節約できた話。

最近節約の為に一戸建てを買いました。2000万の借金持ちです。35年ローンです。

「あほちゃいまんの?節約の為に2000万の借金て。しかも35年!どうかしてはるわ。」

という意見をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、ぼくはローンで家を買ったら月々の固定の支払いが約3万円減った上に、家の広さは2倍、無料の駐車場も付いて、小さいながら庭もあります。

悪いことと言えば、雑草引きが大変な位。

更に10年間は住宅ローン減税で毎年約20万円が戻ってきます。

スポンサーリンク

東京は家賃が高すぎる!

僕が最近住んでいたマンションは練馬区で約50平米、築40年。

それで家賃が8万5000円!

築40年でです。昔の都営住宅のようなマンションでした。

安いよ。と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、会社からの住宅補助もない上に、嫁は双子妊娠が発覚して仕事をやめる事になった状況の自分には苦しかったわけです。

住宅ローン減税を絶対に使うべし!

ご存知かとは思いますが、今家を買うと、国からお金が貰えます。

正確には、支払ってる所得税の額からローン残高の1%分を引いてくれる。

2000万のローン残高だとなんと年間約20万!

ぼくなんて低所得で甲斐性なしのゴミサラリーマンなんで、支払った所得税が20万いってないので、全額免除!

更にぼくのように、所得税が20万いってない人は、減税しきれなかった分を住民税から引いてくれます!

築20年超えの中古住宅でも既存住宅瑕疵保険に加入して住宅ローン減税は適用できた!
築20年越えの中古住宅で住宅ローン減税を適用されるためには既存建物瑕疵保険への加入が必要です!

住宅ローン減税でトータルプラスになる!

2019年現在、日本は超超低金利時代です。

変動金利を選べば年利1%以下で借りられます。

例えば住信SBIネット銀行だと年利0.55%です。

金利が0.55%で1.00%減税されると、あれれ、-0.45%

家の金利より減税の方がでかい!

実際には家を買うと固定資産税が増えて単純に家を買うと儲かるってわけではないですが、謎にありがたい制度ですね。

住宅ローン減税が適用されるのは10年間だけなので、10年間無金利状態で貯蓄して、住宅ローン減税の適用が外れたら繰り上げ返済すると住宅ローン減税を全て享受できます。(10年間はローン残高は減らさないのがミソ。ローン残高が減ると減税額も減ります。)

2019年10月の消費税増税に向けて、住宅ローン減税が+3年延長される事が決まりました。

残念ながら、中古住宅は3年延長の対象外のようです。

スポンサーリンク

家は最終的に売れる資産です

一戸建ては最終的に売ることが出来る資産です。土地には価値は残る。

売れたらローンの残りを相殺できます。
賃貸でこれは出来ない。

ぼくはギリギリ東京の端っこに居を構えてますが、いくら日本が少子化といえど、東京の土地が無価値になることは考えられません。

例えば僕のように東京で安い家を購入すれば、自分が住宅ローンで多少の苦労をしたとしても、子供の世代へ資産を残す事が出来ます。

親が都心に土地を持っている世帯と田舎から出てきた世帯の経済的格差は感じた事がある方もいるとおもいます。

家を買うということは超長期的目線で考えるべきことなのです。

35年ローンを組んで35年間返し続ける人は少ない

統計によると、ローンを組んで家を購入した人の完済までの平均経過時間は14.4年。

35年ローンを35年掛けて完済した割合は0.7%。繰り上げて返済するのが当たり前のようです。

無謀に収入に見合わない家を買った人や、立地が悪い売れない家を買った人のことは別ですが、35歳で購入した家のローンは50歳に返済が終わっていること
が一般的のようです。

結論

出口を考え抜いて家を買うなら今は住宅ローン減税制度を利用して家を買うべし!

【賃貸VS持ち家】賃貸に住み続けると必ず大損する。賃貸と中古一戸建てでは3372万円の支出差が生まれた!
賃貸に住み続けるとどんどん貧乏になる! コスパ最強の中古一戸建てを買って資産を守ろう。

以上、『中古住宅を住宅ローンで購入したら毎月3万円節約できた話。』でした。

タイトルとURLをコピーしました