STAY HOME!お家でDIYとピザ作りはいかが?

太陽光パネルをDIYで屋根に取り付けよう。パネルの設置からケーブルの接続まで。

太陽光発電のDIY

自宅の屋根に太陽光パネルをDIYで設置しました。

太陽光発電を全部DIYでやってみよう。と思ってしまったお馬鹿な私ですが、ようやく発電までこぎつけました。

売電手続きは進行中。

本記事では屋根の固定金具(架台)への太陽光パネルの取り付け方法をご紹介します。

屋根に太陽光パネル用の固定金具(架台)を取り付けた工程はこちらをご覧下さい。

DIYで屋根に太陽光パネルの架台を取り付ける方法と取付金具の選び方。
自宅の屋根に太陽光パネル用の架台を取付しました。 オススメの架台と取付方法をご紹介します。

取り付け金具は屋根技術研究所の『スレート金具3』という製品を使用しています。

4重防水になっているので安心です。

固定方法は屋根技研さんのサイトで施工説明書を見れるので、スレート金具3を使用する場合は下のリンクを見てから作業しましょう。

https://www.yanegiken.co.jp/technology/pvm-im_sla3_black-coverless/
スポンサーリンク

作業に必要な工具

固定には、インパクトとインパクト用の12mmソケットレンチが必要です。

インパクトは14.4vか18vのパワーのあるものにしましょう。
僕はRYOBIを愛用しています。


電池パック2個付きの、急速充電タイプがオススメです。
充電待ちがありません。

ソケットレンチは架台の設置に8mmのソケットも使うので、セットで購入がオススメです。
ショートサイズのソケットだと使えないと思われます。

屋根の作業は危険が伴うので、完璧な安全用具も必要です。

太陽光パネル設置の屋根上作業の為の安全用具のご紹介
屋根上での作業には細心の安全対策を! 安全規則に則った安全帯を装着しよう!

太陽光パネルは4点留めが基本

太陽光パネル 固定方法
太陽光パネルの固定には上2点下2点の4点留めが基本です。

縦に数枚並べるのであれば、最初に最下段を端部用の金具で固定して、下からパネルを一枚づつ固定していきます。

パネルとパネルの間は中間用の固定金具で固定します。

架台のアース接続

太陽光パネル アース
全ての太陽光パネルを電気的に繋いでアースと接続します。

パネル間の架台にアース金具(写真のパネルで挟まれている金具)を挟むことで、電気的に繋がっていきます。
(アース金具は屋根技研のセットに付いてきます。)

アース金具で全てのパネル架台を繋ぎ、端っこのパネル架台から接続箱へ配線。
我が家の場合は屋根の形がブサイクなので、離れた架台の分もアースを集めて接続しています。
太陽光パネル アース
アースは接続箱のアース端子と接続します。
接続箱 アース線

最下段の太陽光パネル固定金具のセッティング

太陽光パネル 固定金具
最下段のパネルの固定金具は最も負荷が大きいので、2重にボルトで固定するようになっています。

写真のように、金具のストッパーの役割をする凹みの部分に合わせてボルトで固定。
太陽光パネル固定金具 端
その上に、端部用の金具を付け、ワッシャー、スプリングワッシャー、ボルトを通します。
ここではまだボルトは緩めておきます。

最下段の太陽光パネルの固定

端部用の固定金具のセッティングが出来たら、金具にパネルを差し込んでインパクトで固定します。
太陽光パネル 固定方法
一枚目のセッティングは嬉しさで溢れます。

2枚目以降の固定

太陽光パネル 中間部 スペーサー
屋根技研のスレート3の固定金具では、パネル間の中間部には『YGOモジュールスペーサー』を挟みます。
(アース接続が必要な場合はアース金具を下に挟みます。写真はアース金具を挟んだ状態。)

中間スペーサーで丁度いいスペースがあく訳ですね。

上段のパネルを載せたら、中間部の固定金具で上下をしっかりと固定します。

太陽光パネル 中間固定

インパクトで締め付けたらビクともしません。
横から見るとこんな感じ。
太陽光 中間固定
最上段は、最下段と同じ金具で固定します。

ケーブルの接続

接続箱からケーブルが全部の太陽光パネルを通過して、接続箱へ戻る訳ですね。

隣あうパネルの+端子と−端子を繋げていきます。

最終的には防雨型ジョイントボックスから室内へ入り、接続箱で接続します。

太陽光発電のケーブルを室内に取り込もう。防雨型ジョイントボックスを使った施工。
太陽光のケーブルを室内へ取り込もう。 パナソニックの防雨型ジョイントボックスが便利です。

ケーブルの固定

太陽光用のケーブルは基本的には屋根に触れないようにしなければなりません。

結構難しい。
太陽光 ケーブル 固定
こんな感じにケーブル固定部材で挟んで
太陽光パネル ケーブル固定
パネルの裏面にケーブルがくるようにパチンとはめ込みます。

ネグロス電工の樹脂製の製品や


金属製の固定金具を使用しました。

我が家の太陽光パネルは2010年製の為、ケーブル接続部分はMC3という規格の接続端子で構成されています。

一部MC4に変更して接続しています。

テスターで電圧を確認!

ケーブルを繋ぎおわって、一旦検電してみました。

ここで電気が発生してなかったらどうすりゃいいのか分からない。
太陽光パネル 電圧確認
針が振れた!!!

ちゃんとパネルで発電してます!ありがとうございます!

太陽光発電は直流なので、レンジを直流(DC側)に合わせて計測しましょう。

スレート屋根へのPF管の固定

スレート屋根へのPF管の固定には専用の部材を購入すれば穴開け不要です。


スレート瓦 PF管固定金具
これをスレートの隙間にズイズイ入れていきます。
スレート pf管固定
結構パワーが必要です。
スレート pf管固定
全部入りました。

本当はもっと引っ張り出して、爪が引っ掛かっている状態での使用が通常でしょうが、配置の関係でこのまま使用してPF管を固定します。
太陽光 スレート pf管
良いですねい。

接続箱に接続

極性を間違わないように接続しましょう。

反対に接続するとブレーカーが溶ける可能性もあります。

太陽光パネルから出ているマイナス端子と、開閉器のN(ー)を接続します。
接続箱の接続 極性
ブレーカーをOFFの状態で繋ぎ、ここでも必ずテスターで電圧が+方向に振れるのかを確認します。

ちゃんと+に電圧が出ていれば、接続箱のブレーカーを投入しましょう!
(パワーコンディショナーが未設置ならば投入しちゃダメ!)

接続箱の設置のDIY。パワーコンディショナーと太陽光パネルを接続しよう。
接続箱は高電流が流れるので、安全確実に設置すべし、ケーブルの配線は難易度高し。

ちゃんと発電出来た!

接続箱の先にはパワーコンディショナーが既に据え付けてあるので、まずは停電モード(自立運転)で電気が来てるか確認。

自立運転用コンセントの使い方はどうやる?停電専用コンセントのDIYでの作り方の紹介。
災害時に生活を助ける太陽光発電の自立運転。 災害に備えて事前に確認しておきましょう! 室内に非常用コンセントを増設する方法も紹介。

掃除機もちゃんと動きました!

自立運転で電気が使える事が確認出来たということは、確実に太陽光発電が機能しているということです。

連系モードでも(電力会社の電気と混ぜて使うモード)発電状態を確認!
太陽光発電 DIY 発電の確認
0.9kwの発電を確認しました!

まだ太陽光パネルは3分の1しか設置していない状態での確認なので、約1.3kw分のパネルの設置。
かつ、ちょい曇り気味なので、上々の結果です。

嬉しいなあ。

太陽光発電のDIYのまとめ

太陽光発電はDIYでも設置出来ました。

まあまあ大変だけど。

ちなみに、太陽光パネルとパワーコンディショナーは中古で格安で購入しているので、新品での設置に比べて10分の1程度の費用で設置出来ました。

パネルは3.8kw分で8万円。
パワーコンディショナーは定価30万の現行品が5000円です。

3年もあれば元が取れそうなので楽しみです。

まだ設置計画の3系統のうちの1系統のみの設置が終わった状態で、売電の手続きも終わってないので、追記していきます。

この記事を読んでみて、「大変すぎ。DIYなんてやってられないあほちゃう。」なんて感じた方は、太陽光大手のソーラーパートナーズ【住宅用】
で見積もりをとってみましょう。
屋根が余っていたら勿体ないです。


以上、『太陽光パネルをDIYで屋根に取り付けよう。パネルの設置からケーブルの接続まで。』でした。

タイトルとURLをコピーしました